第74回香川丸亀国際ハーフマラソン

2020年2月2日/香川県

第74回香川丸亀国際ハーフマラソンが2月2日(日)、丸亀市陸上競技場前をスタート、競技場内をゴールとするコースで開催されました。

旭化成からは鎧坂哲哉、大六野秀畝が出場しました。

スタート直後から設楽悠太選手(Honda)が先頭に立ち、大集団を引っ張る展開となりました。

30名程の先頭集団は5kmを14分13秒で通過。大六野は先頭集団の中程で、鎧坂は第2集団でレースを進めました。

大六野を含めた集団は10kmを28分26秒で通過。

しかし、11km過ぎに菊地賢人選手(コニカミノルタ)が前に出ると集団は12人程度に絞られ、残念ながら大六野は遅れてしまいました。

遅れてからは苦しい走りとなり、1時間02分08秒の37位でゴールとなりました。

鎧坂は5km以降はほぼイーブンペースでレースを進めて先頭から25秒遅れで折り返しを通過。

その後は徐々に順位を上げていき、自己記録を更新する1時間01分57秒で33位でした。

第74回香川丸亀国際ハーフマラソン成績

33位 鎧坂 哲哉 1時間01分57秒[自己新]
37位 大六野 秀畝 1時間02分08秒

旭化成 柔道部