編集方針

はじめに

旭化成グループは、1991年に初めて「環境報告書」を発行し、2006年からは社会的責任に関わる情報を開示する「CSRレポート」として充実させ、ステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを図り、説明責任を継続的に果たしてきました。
欧州を中心とした財務情報と非財務情報の統合報告の流れの中で、旭化成は2014年より、「アニュアルレポート」と「CSRレポート」を「旭化成レポート」として統合して発行するとともに、CSR活動の詳細については当webサイトにおいて情報を開示しています。
今年度は、2019年度にスタートした中期経営計画「Cs+(シーズプラス) for Tomorrow 2021」に示す「Care for People, Care for Earth(人と地球の未来を想う)」というキーワードを軸に、当社グループのサステナビリティの考え方や、事業を通じた持続可能な社会の実現への貢献を示すとともに、2018年度の活動については「環境(E)」「社会(S)」「ガバナンス(G)」の3つの枠組みに整理し、方針や体制、活動内容、数値データなどの情報を網羅的に報告しています。

対象期間

対象期間は2018年度(2018年4月~2019年3月)を中心としていますが、一部当該期間以後の内容も含まれています。

対象範囲

持株会社である旭化成株式会社および同社の連結子会社(2019年3月31日現在)です。
旭化成株式会社は、2016年4月1日付で、旭化成ケミカルズ株式会社、旭化成せんい株式会社、旭化成イーマテリアルズ株式会社を吸収合併しました。そのため本報告では、これら吸収合併した会社については、「旧旭化成ケミカルズ」等の表記をしています。
また、対象範囲と異なるデータについては、注釈を明記しています。
なお、レスポンシブル・ケア(RC)活動に関する報告については、同活動を実施している国内外のグループ会社を対象としています。RC実施部場一覧は以下に掲載しています。

お問い合わせ窓口

参考ガイドライン

活動報告に関しては、「GRI サステナビリティ・レポーティング・スタンダード(2016)」「ISO26000」などを参考にしています。

発行日

発行日 2019年9月(次回発行予定:2020年9月、前回発行:2018年10月)