社会活動

方針

旭化成グループでは、地域の文化を十分に理解し、地域社会の皆様とのコミュニケーションを深め、地域の発展に資することを目指しています。地域社会の皆様に当社事業や取り組みへのご理解をいただくとともに、いただいた声を経営に活かすべく、地域交流会や工場見学の受け入れ、地域貢献活動等を実施しています。

マネジメント体制

工場周辺地域とのコミュニケーションに関しては、当社グループの各製造地区の総務・事務部門が中心となり、定期的な地域交流会や工場見学等の開催運営を行っています。

工場見学の受け入れ

当社グループでは、事業活動および環境安全への取り組みについて理解していただくために、工場見学を実施しています(実施していない工場もあります)。

学生の皆様による工場見学(岡山県倉敷市)
学生の皆様による工場見学(静岡県伊豆の国市)

延岡地区の工場見学、延岡展示センターの見学お申し込みはこちらから

(旭化成ベンベルグ工場、旭化成エヌエスエネルギー延岡発電所、延岡展示センター)

生産拠点周辺の地域の皆様との対話

当社グループの主要生産地区では、地域の自治会などを通じた地域住民の皆様との懇談や、体育館・グラウンド・駐車場などの施設の開放、イベントの開催などで、対話と交流を行っています。

近隣自治会への環境説明会(滋賀県守山市)
花植栽ボランティア(三重県鈴鹿市)
地域の方々をお迎えしての観桜会(宮崎県延岡市)

NPO法人の次世代教育を支援

「学校支援のべおかはげまし隊」の活動

2009年より旭化成OB会の会員有志が学業支援ボランティア「はげまし隊」を組織し、宮崎県延岡市の中学生に対し、数学・理科の学業支援を開始しました。2012年にはNPO法人化し、現在も規模を拡大して活動を続けています。旭化成はNPO法人「学校支援のべおかはげまし隊」を支援しています。