人権

方針

旭化成グループは、国際人権憲章(世界人権宣言ならびに国際人権規約)を支持し、基本的人権と多様性の尊重に取り組んでいます。従業員に対しても、人権に関するグループの考え方を行動規範に明示し、多言語版を展開するとともに研修等を通じて浸透を図っています。
また、国連グローバル・コンパクトの署名企業として、グローバル・コンパクトの人権に関する原則、および国連「ビジネスと人権に関する指導原則」「子どもの権利とビジネスの原則」にも賛同し、これらの枠組みをもとに、事業における人権課題の把握と適切な対処に取り組んでいきます。

旭化成グループ行動規範 (10)人権・多様性の尊重

旭化成グループは、個人の基本的人権と多様性を尊重し、誰もがいきいきと活躍できる職場を提供します。

  1. 1.基本的人権と多様性の尊重
    私たちは、個人の基本的人権と多様性(ダイバーシティ)を尊重し、あらゆる事業活動において、国籍・出自・人種・民族・宗教・性別・思想・年齢・身体的特徴・性的指向・雇用形態・契約形態その他を理由とする差別を行わず、また容認しません。
  2. 2.ハラスメントの禁止
    私たちは、セクシュアル・ハラスメントなど、精神的、肉体的であるかを問わず、相手を傷つけるような言動を行わず、また容認しません。
  3. 3.非人道的な労働行為の禁止
    私たちは、基本的人権を尊重する考えに立ち、強制労働・児童労働・奴隷行為など非人道的な行為を容認しません。また、調達先がこれらの行為を行うことも容認しません。

調達における人権配慮

当社グループではCSR調達の一環で、お取引先へのCSRアンケートを実施し、人権・労働課題への取り組み状況の把握に努めるとともに、お取引先とともにCSR意識の醸成に取り組んでいます。

人権に関する通報・相談窓口

当社グループのコンプライアンスホットラインでは、人権を含むあらゆるテーマに関する通報・相談を受け付けています。グループ従業員のみならず、お取引先とその従業員の方にも対象としています。