旭化成グループの環境貢献製品

環境貢献製品とは

旭化成グループは中期経営計画「Cs+ for Tomorrow 2021」でCare for People, Care for Earthというコンセプトのもと、持続可能な社会への貢献に取り組んでいます。
持続可能な社会に向けて、グループの生産拠点での温室効果ガスなどの排出削減に加え、社会の環境負荷低減に貢献する製品・事業の展開も重要と考えています。当社グループでは、ライフサイクル全体で考えて、現在の市場における標準と考えられる製品や自社従来製品と比べて環境改善に貢献している製品を環境貢献製品と定義しています。

当社グループでは、自社製品に対して、ライフサイクル全体での環境影響の評価(Life Cycle Assessment:LCA)を行っています。これまでは、製品を使用する段階でCO2削減に貢献できる製品を「温暖化配慮製品」と定義し、認定してきました。昨今、LCA視点での温室効果ガス削減貢献への要請や、水リスクなどの温室効果ガス以外の環境負荷低減の重要性が高まっていることをふまえ、2019年1月に「環境貢献製品に関するガイドライン」を作成し、製品のCO2を含む環境負荷の削減貢献について見直しを行いました。

※ ガイドライン作成にあたり、日本LCA学会の『温室効果ガス排出削減貢献量算定ガイドライン』、日本化学工業協会の『CO2排出削減貢献量算定のガイドライン』、経済産業省の『温室効果ガス削減貢献定量化ガイドライン』などを参考にしています。

旭化成のコア技術+取り組むべき環境課題→環境貢献製品→持続可能な社会への貢献

上記の算定にあたっては(社)産業環境管理協会が提供しているLCAツール「MiLCA」も活用しています。

LCA(ライフサイクルアセスメント)とは

当社グループの素材や中間製品は、製造段階でCO2を排出しますが、使用段階では省エネルギー化に貢献するなど、製品のライフサイクル全体で考えると、CO2を始めとした環境負荷を低減することで環境改善に貢献している製品が多数あります。
このように、ライフサイクル全体を通して製品の環境影響を評価する手法がLife Cycle Assessment:LCAです。

製品のライフサイクル全体の環境影響を評価 原料採取→製造→流通→使用→廃棄

社内認定の流れ

各事業本部・事業会社から提案された製品について、第三者機関からLCA視点で環境貢献の算定方法や考え方の妥当性について助言を受け、社内認定したものを「環境貢献製品」と定義しています。
また、認定案件の検討の際には、外部有識者から、削減貢献算定の妥当性についてアドバイスを受けています。

認定の流れ:提案者→事務局→社内審議→LCAレビューパネル・経営会議→認定 提案者←→アドバイザリー 事務局←→アドバイザリー

【LCAレビューパネル】(2019年7月19日実施)

委員長
稲葉敦(工学院大学 教授)
委員 
小林謙介(県立広島大学 准教授)
   
松田圭悟(山形大学 准教授)
   
内田裕之(みずほ情報総研 シニアコンサルタント)

LCAレビューパネルでは、各担当者から算定内容を説明し、外部有識者の方々から、比較対象(ベースライン)の設定や削減貢献の考え方の妥当性についてコメント、アドバイスをいただきました。