生物多様性保全

方針

旭化成グループは、事業活動において生物多様性に配慮し、生物多様性に及ぼす影響を軽減し、生物資源の持続可能な利用に努めることを方針とし、具体的な取り組みを「生物多様性保全に関するガイドライン」に定めました。このガイドラインに基づき、2010年度より事業活動と生物多様性とのかかわりの把握を開始しました。また、生物多様性に配慮した事業活動を行うよう、RC教育等を通じて社員の意識啓発を図っています。

調達における生物多様性のかかわり調査

当社グループの原材料の新規利用および変更に伴う事業活動と生物多様性のかかわりについて、「事業活動と生物多様性との関わり調査票」を用いて、「原材料の原産国」、「加工・製造業者」、「一次ベンダー(商社等)」の調査を行い、問題がないことを確認しています。

グループにおける生物多様性保全の取り組み

旭化成グループ「まちもり」アクション

「まちもり」アクションとは

「まちもり」ポットをツールとして、旭化成グループ全体の事業所緑地を対象に、いきものたちの視点で価値の向上を図るとともに、旭化成グループ従業員の生物多様性保全に対する理解と認識を高める取り組みです。

「まちもり」ポットとは

旭化成ホームズ(株)が開発した新しい外構アイテムで、高木・中木・低木・地被植物の高さの違う4層の植物を組み合わせ、都市の住宅地に設置できるコンパクトさを持ちながら、緑の少ない人工的な環境でもいきものたちの利用空間を増やすことができます。さらに「まちもり」アクションでは、全国の事業所において、植物社会学的手法による地域区分を行い、地域植生に配慮した「まちもり」植栽を行っています。

「まちもり」アクション 第1期(2019~2021年度)の目標

  • ■ 目標Ⅰ:旭化成グループの42事業所のすべてに「まちもり」ポットを設置します
  • ■ 目標Ⅱ:この期間の「まちもり」ポイント(MMP)の累計を1,200MMPとします
「まちもり」ポイント目標
ステージ 取り組み内容(例)
Stage1
設置する
  • まちもりポットを設置
  • まちもりポットの説明を掲載
  • 適切に管理する(枯らさない)
Stage2
観察する
  • 幹の太さと樹高を記録
  • 花や果実、紅葉等を記録・撮影
  • まちもりポットに来た動物を記録・撮影
  • 自然に芽生えた草木を記録・撮影
Stage3
発信する
  • 事業所内外に対して、動植物の観察記録や写真等を積極的に情報発信
    (HP・掲示板、地域とのコミュニケーション、etc.)
Stage4
発展する
  • 他の場所への取り組み拡大
  • 他の事業所内外のイベント等とのコラボレーション

■ Stage1:設置する

■ Stage2:観察する

■ Stage3:発信する

■ Stage4:発展する

「まちもり」アクションNEWSの発行

各事業所の担当者宛に、「まちもり」アクションについてのニュースや、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれる植物たちの旬の見どころなどを紹介しています。「まちもり」アクションを実践する事業所からの投稿写真や、いきものに関するコラムなど、事業所緑地のいきものたちの話題も盛り込んで、各事業所で活用できる内容にしています。

「まちもり」アクションNEWS  #1(2019 Summer)PDF画像

地域産植物の生産者インタビュー

「まちもり」ポットを構成する苗木等はその地域産にこだわっており、この取り組みで苗木等を提供いただいた生産者様にインタビューを行いました。

「自然の山に見られるような色々な種類の植物で豊かな緑化をしたいですね」

株式会社ラーゴ 環境ソリューション部 環境技術研究グループ
ビオトープアドバイザー 磯貝 博 氏

㈱ラーゴは、野生動植物の調査や、それら動植物に配慮した緑地の設計・施工、身近な自然を活用した環境教育を通して、自然環境の保全を行っている会社です。

地域産植物に関する仕事として、土地を所有する方から許可を得て野外のタネや株を採取し、それらを育てて苗木などにしています。扱っている植物は、水辺の植物と陸地の植物をそれぞれ30~50種類ですが、すべて滋賀県内で採取した滋賀県産のものです。

滋賀県産(地域産)にこだわる理由は、自然環境を保全する際の重要な考え方の一つに、その地域に元々いる生きものを大切にするということにあります。外来種のように、本来そこにはいない植物を植えると、長い年月をかけて作り出された地域の生態系やそこに暮らす生きものたちのつながりをかく乱する可能性があります。また、地域に元々ある種類の植物でも、遠く離れた地域から持ってきた同じ種類の植物を植えることは、遺伝子の交雑を招き、その地域特有の遺伝的な多様性を損なうおそれがあります。そこで、滋賀県の中でも産地をより細かく区分し、地域の遺伝的多様性に配慮した生産を行っています。また、植物だけではなく、土や水に含まれる小さな動物や雑草のタネなども、できる限り異なる地域のものをもっていかないように注意しています。

地域産の植物を育てるうえでの苦労は、例えば、同じように見える山の樹木でも、種類によって日当たりや土の好みなど千差万別です。一般的には生産されていないマニアックな植物を扱うことも多々あり、試行錯誤を繰り返しながら、それぞれの生態に合った育苗方法を日々探しており、いつも苦労していますが、面白いところでもあります。

今後は、自然の山に見られるような、色々な種類の植物を生産して、より豊かな緑化ができるようにしたいと思っています。

2018年度各地区の主な取り組み

守山地区の取り組み
絶滅のおそれがある淡水魚「ハリヨ」の生息域外保全活動

守山製造所は、地下水をくみ上げ工業用水として利用しています。設備の間接冷却水として利用した地下水は水質監視を行い、排水として周辺の河川に放流しています。守山製造所の放流水は、農業用水としても利用され、地域の農業や水辺の生き物に欠かせない水となっています。
このような背景を踏まえ、生物多様性と事業活動が深く関係している「水」をテーマにした生物多様性保全活動を2010年度から開始しました。
2015年度からは、絶滅のおそれがある淡水魚「ハリヨ」の生息域外保全活動を開始しました。2018年度は従業員およびその家族を対象とした自然観察会を開催しました。観察会では保全池に生息するハリヨの観察を行い、50匹余りのハリヨの確認することができ、順調に保全できていることを明らかにできました。

自然観察会の写真
ハリヨのモニタリング調査の写真

旭化成住工の取り組み
森と水をつなぐ東近江の暮らし再発見プロジェクト

旭化成住工・滋賀工場が立地する東近江市湯屋地区には、かつて溜池や水田、雑木林など多様な里山環境が分布する豊かな水辺生態系と、水利や防災など溜池を中心とした暮らし・文化がありました。この溜池の一部を復元することで地域に生息するいきものを保全し、観察会などで地域住民にその大切さを伝え、工場イベント等を通じて、地域資源としての森林や農作物などを守るためのつながりの場を提供しています。
2018年度は東近江市や近隣小学校と連携し、休日や工場秋祭りを利用して、2017年に水辺生態系に生息するいきものの保全を目的として敷地内に創出した「湯屋のヘーベルビオトープ」でのいきもの観察会を、専門家の指導のもとで実施しました。
これらの活動は広報誌などで社内外に積極的に報告しており、2019年3月、滋賀県が2018年度より開始した「しが生物多様性取組み制度」において、滋賀工場は最高ランクの3つ星認証を獲得しました。

いきもの観察会の様子の写真
平成30年度 しが生物多様性取組認証書(3つ星)

富士地区の取り組み
「あさひ・いのちの森」育むプロジェクト

「あさひ・いのちの森」は、富士市田子の浦の自然や里地・里山を再生し、地域の生き物たちとその生態系の保全を目指すエコトープとして、2007年に旭化成富士支社の敷地内に造成しました。「あさひ・いのちの森」自体を育むことはもとより、「森」を中心として地域の緑と一体となったエコロジカルネットワークによって「いきもの」を育み、これらを活用した環境教育、情緒教育で「人」を育み、ここから得られた知見を事業の中で「活かす」取り組みを推進しています。

主な活動

  • 「あさひ・いのちの森」の生長の把握と管理のために、植栽についての定置枠植生調査、毎木調査、全域植生調査や「鳥」や「虫」などの生物相調査を実施しています。また、近隣の公園や住宅地、小学校の生態系調査を併せて行うことで、エコロジカルネットワーク構築のモニタリング調査を行っています。
  • 2018年度は、これまでの調査研究の成果を、外部研究者と共同で、植生学会第23回全国大会・(一社)日本生態学会の第66回大会で論文・ポスター発表をしました。また、(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)国際生態学センターによる市民環境フォーラムをはじめ、社内外に向けた講演・研修を行いました。
  • 行政、ミュージアムと連携し環境教育の一環として、こどもエコクラブの交流会等で観察会を実施しています。
  • 毎年初夏には地域の方々に来場いただきホタルまつりを開催し、地域とのコミュニケーションを深めています。
  • これらの活動が評価され、2019年7月には、公益財団法人都市緑化機構が主催する『SEGES(シージェス:社会・環境貢献緑地評価システム)そだてる緑』におけるExcellent Stage3認定を取得しました。
市民フォーラムの写真
虫さがしの写真

延岡・日向地区の取り組み
第3回「あさひの森in速日の峰」植樹祭を開催

2019年5月11日、延岡支社は、同支社のある宮崎県延岡市の北方町速日の峰で「第3回あさひの森in速日の峰」植林活動を行いました。当社は、2007年から、宮崎県が推進する「企業の森づくり」制度を活用し、宮崎県日之影町で20ha、高千穂町で20ha、五ヶ瀬町で1ha、延岡市北方町で2haの計43ha余りの山林を、スギ・ヒノキなどの人工林から、広葉樹を主体とした自然林に戻す植樹活動を進めてきました。
今回の植樹祭は北方町速日の峰の町有林1haに、ヤマザクラ500本、カエデ500本、山栗500本といった広葉樹の苗1,500本を丁寧に植えました。当日は天候にも恵まれ、旭化成グループの従業員・家族、旭化成OB、AJS(株)、市内の関連企業などから総勢約450人が参加しました。
延岡市、北方町、延岡地区森林組合の皆様をはじめ、スタッフ・関係者の協力のおかげで「開会式、植樹、昼食と特産品販売、抽選会」と記憶に残る植樹祭になりました。

斜面を登りながらの植樹活動の写真
植樹祭に参加したメンバーの写真