ベンベルグ®パートナーズ(テキスタイル)
FUJIYOSHIDA

アウターの産地をご紹介

歴史紹介

富士山がそびえ立つ大自然の中でつくられる織物の技術は1000年以上前から大切に受け継がれてきました。
富士山の湧き水で染められた糸は発色が良く色落ちしにくく、その先染めされた細い糸を使って高密度に織られた生地が特徴です。
江戸幕府によって贅沢な服装が禁じられた時代、裏地でおしゃれを楽しんだと言われており、独特の光沢感や風合いの「甲斐絹」を羽織の裏地として好んで使用されるようになったことで、全国に知られるようになりました。
近年、機織産業が衰退の一途を辿る中で、この地域では、織物工場見学や各社オリジナル商品を直接手にできる「OPEN FACTORY」や、全国のファブリック製品が勢揃いする「ハタオリマチフェスティバル」を開催するなど、積極的に地域活性化に取り組んでいます。

フジチギラ株式会社

ベンベルグについてのお問い合わせ

Page top

HOME  >  ベンベルグ  >  Apparel Textile  >  FUJIYOSHIDA