ベンベルグ®パートナーズ(テキスタイル)
KIRYU

アウターの産地をご紹介

歴史紹介

「西の西陣、東の桐生」と伝えられるように、桐生では古くから織物が盛んで、絹織物で栄えた歴史があります。
最古の記載としては約1300年前に編纂された「続日本紀」に絹織物を朝廷に献上した記録が残っており、約1200年前の桓武天皇の時代に婚姻によってこの地に住むことになった白瀧姫が桐生の人々に養蚕・製糸・機織の技術を教えたことが桐生織の始まりとなったという伝説もあります。
昭和期にはのこぎり屋根の工場が多く立てられました。今でもその特徴的な建物が市内に残されており、歴史を見て感じることが出来ます。現在は、ジャカード機、ドビー機をメインに、生糸などの天然繊維から化学繊維までさまざまな素材を複合的に生かしつつ、先染物、後染物、プリント物、編物など広範囲にわたる技法を巧みに重ねた多種多様な生地を産出するファッション生地の発信地となりました。

小林当織物株式会社

株式会社ミタショー

ベンベルグについてのお問い合わせ

Page top

HOME  >  ベンベルグ  >  Apparel Textile  >  KIRYU