ベンベルグ®パートナーズ(テキスタイル)
NIIGATA

アウターの産地をご紹介

歴史紹介

新潟の美味しいお米と同じように、この土地特有の気候や環境の中で繊維産業も進化を遂げてきました。織物の歴史は農村家内工業から始まっており、昔は積雪によって閉ざされた生活をしなければならない時期に機織りを行っていたそうです。
江戸時代後期から明治時代初期にかけては「栃尾紬」や「見附結城」といった織物が有名でしたが、第二次世界大戦後からはニット産地としても広がりました。
絹織物で培った伝統技術を生かし、絹の特性、特に絹の審美性をいかにもりこむかという研究から、シルクライクな合繊や再生繊維を使用した生地が、栃尾や見附地域を中心に開発されていきました。今では天然繊維や化学繊維の複合織物だけでなく、ニットなども含めた複合型産地として存在感を放っています。

株式会社シモムラ(新潟営業所)

帝人フロンティアDG株式会社

ベンベルグについてのお問い合わせ

Page top

HOME  >  ベンベルグ  >  Apparel Textile  >  NIIGATA