旭化成 繊維グローバル
産学連携プロジェクトGlobal Academia-Industry Collaborations

HOME > 旭化成 繊維グローバル産学連携プロジェクト > 「産地の学校」ベンベルグ®ラボ第2期カリキュラム

日 本 「産地の学校」ベンベルグ®ラボ第2期カリキュラム

宮浦晋哉氏が代表を務める株式会社糸編は、繊維産地の活性やアパレル産業の人材育成を目的として2017年から「産地の学校」を運営しています。 旭化成は、宮浦氏の活動に感銘を受け、産地の学校と共同で特別コース「ベンベルグラボ」を立ち上げました。
日本各地の繊維産地のことをより深く勉強したい大学生・専門学校生や、ここでの学びで更にステップアップをはかりたい社会人など、バラエティー豊かな受講生14名が集まりました。 全10回の講義の中で、山梨産地や延岡のベンベルグ工場視察なども行う予定です。

スケジュール

  • 【第9講】 9月28日(土)
  • 共有講義・プレゼン準備
  • 【第10講】 11月23日(土)
  • プレゼンテーション



これまでの取り組み

ベンベルグ®は旭化成の再生セルロース繊維・キュプラのブランドです。

TOPページに戻る

PAGE TOP