NanoAct®

Higher Sensitivity and Multicolor…

旭化成は、80年以上にわたり培ってきた当社のセルロース技術を活用して、革新的な着色ナノビーズを開発しました。(特許取得済み)体外診断薬用の標識粒子としてNanoAct®を使用することにより、感度の向上、診断時間の短縮が期待できます。さらに、セルロース材料独自の特性に基づいた着色方法により様々な色に着色したセルロースナノビーズをご利用頂けます。

特 長

1 NanoAct®は高感度化を可能にします

NanoAct®は市販のラベルと比較すると、直径が大きく色が濃いので、 テストラインに結合された場合優れた視認性を提供し、低抗原濃度をよりよく検出します。

2 NanoAct®は迅速診断を可能にします

テストラインの可視性を高めることができ、検出時間を短縮できます。

*NanoAct®ベースのテストストリップ(写真上)と金コロイドベースのテストストリップ(下)との比較。 同じ抗体濃度のサンプルを添加、3分後の試験系は<NanoAct>でより顕著にライン発色が見えた。

3 NanoAct®はマルチ項目診断を可能にします

NanoAct®は複数種の色の粒子を作成することができ、テストラインの色分けに利用することができます。

上の写真は、NanoAct®(赤、青、緑、黒)を使ったテストキットです。

製品情報

カタログNO. タイプ 粒径(nm) OD(ABS,1wt%) 濃度(wt%)
RE1AA 物理吸着タイプ 330 225 1.0
RE2AA 濃赤 340 240
BL1AA 325 250
BL2AA 濃青 365 265
GR1AA 335 160
KR1AA 350 150
RE1CA 化学結合タイプ
(COOH)
335 220
BL1CA 320 230
GR1CA 335 155

※蛍光タイプの粒子も現在開発中です。

※上記通常ラインナップに加え、お客様のご要望にお応えして、粒径や色、ODなどカスタマイズも可能です。