パイナップルの保存

パイナップルの保存

年間を通して手に入りやすく、甘酸っぱくて人気のパイナップル。まるごと買うと、大きいので、一度に食べきれないことも・・・。そんな時は、冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存の方法

  • 皮と芯を除き(芯まで食べられる種類なら芯はとらなくてOK)、食べやすい大きさに切ります。

  • ジップロック®フリーザーバッグ」に重ならないように入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

    パイナップル 冷凍保存の方法

使うときは

好みの状態まで解凍(自然解凍または電子レンジ解凍)し、そのまま食べたり、スムージー、デザート作りに利用できます。
ただし、冷凍してもパイナップルの持つたんぱく質分解酵素の働きは失われません。 ゼラチンを使ってゼリーを作る場合、そのままでは酵素が作用し、かたまらないので、電子レンジ などでパイナップルをいったん加熱してから使いましょう(寒天やアガーを使ったゼリーなら、加熱しなくてもかたまります)。
また逆にたんぱく質分解酵素の働きを利用し、解凍したパイナップルと肉を一緒に15~20分漬け込むと、 肉がやわらかくなります。

注目保存テクニック 注目保存テクニック

キッチンアイデア キッチンアイデア