刺身の食べ方ひと工夫

多くの人に好まれる刺身。ちょっとの工夫で、食べ方のバリエーションが広がります。目先の変わった刺身のアレンジアイデアをご紹介します。

表面をサッと焼いて

フライパンで刺身の表面をサッと焼くと、食感が変わり、魚の生臭みをやわらげ、すてきなごちそうメニューに早変わり。
クックパー®フライパン用ホイル」を使えば、油なしでも魚がくっつかずに焼けるので、魚の風味をじゃませず、仕上がりもきれいです。

刺身の盛り合わせでアレンジずし

おもてなしやお祝いのとき、刺身の盛り合わせを使って、見栄えのよいすしメニューにアレンジしてみてはいかがでしょう。
すし飯は、「クックパー®クッキングシート」をボウルに敷いて作るのがおすすめ。「クッキングシート」が余分な水分を外側に逃すため、飯台を使わなくても、すし飯がべたつきません。また、ボウルにすし飯がくっつかず、ムダがありません。

刺身の二度おいしい味つけ術

漬け込んで「ヅケ」に

食べきれずに残った刺身は「ヅケ」にすると、二度おいしく楽しめます。好みの調味液に30分ほど漬ければOK(長くても一晩くらいまで)。しっかり密封できる「ジップロック®ストックバッグ」なら、少ない調味液でもしっかり味がしみ込みます。また、「ジップロック®コンテナー」なら、重ねておけるので、冷蔵庫内でも省スペース。あつあつのごはんのお共に、またヅケ丼や山かけなど、好みの食べ方でどうぞ。

調味液のバリエーション(刺身100gに対して)

基本のわさび味

しょうゆ・・大さじ1
わさび・・小さじ1/2

ゆずこしょう風味

しょうゆ・・大さじ1
ゆずこしょう・・小さじ1/2

ごま風味

しょうゆ・・大さじ1
ごま油・・小さじ1/4
いり白ごま・・小さじ1/2

子ども向け甘辛味

しょうゆ・・大さじ1
みりん・・大さじ1
 
合わせて電子レンジ(500W)で50秒加熱して煮切ったもの。

昆布にはさんで、うま味がギュ!

昆布のうま味がしみて、味がギュっと凝縮される魚の昆布じめ。余分な水分が抜けるため、多少日持ちもよくなります。
作り方はとても簡単で、昆布に刺身をはさむだけ。そのあとバリア性の高い「サランラップ®」で包めば、乾燥やニオイ移りを防ぐので、昆布じめのおいしさを逃がしません。

おすすめレシピ