鶏胸肉をおいしく食べよう 鶏胸肉をおいしく食べよう

安価で人気の鶏胸肉。でも、かたくなったりパサつきやすいのが難点・・・。
「クックパー®」や「ジップロック®」を使って、おいしく食べるアイデアを紹介します。

下味冷凍でおいしく

かたくなりやすい鶏胸肉は、「ジップロック®フリーザーバッグ」を使って上手に下味冷凍しましょう。
肉をやわらかくする効果のあるしょうがやヨーグルトを下味に使うと、火を入れても鶏胸肉がかたくなりにくく、冷凍解凍する間に味もしみ込むので、一石二鳥です。
「フリーザーバッグ」なら密封性の高いダブルジッパーだから、液量が多くもれが心配な漬け込み保存にも安心して使えます。

おすすめレシピ おすすめレシピ

ゆで鶏、煮汁のW活用

鶏胸肉はゆで鶏にするのもおすすめ。ゆで鶏はバンバンジーなどの前菜にしたり、細かくほぐしてサラダやあえ物、めん類の具にするなど、幅広く活用できます。また、ゆでた煮汁もスープとしてムダなく活用できます。どちらもすぐに使わない場合は冷凍保存もOKです。
鶏胸肉をゆでるときは、「クックパー®アク・あぶら取りシート」が重宝します。のせておくだけで、アクや油脂をしっかり吸着するので、アク取り作業の手間が省け、煮汁も澄んでキレイなスープが出来上がります。

おすすめレシピ おすすめレシピ

レンジで時短調理

安価で家計にうれしい鶏胸肉ですが、調理時間も短くできれば、なおうれしいですね。
そこでおすすめなのが、「クックパー®クッキングシート」で食材を包んでレンチンする「包み蒸し」。「クッキングシート」が蒸気を適度に通し、蒸し効果で電子レンジ加熱でもふっくらと仕上がります。また、油や汁を通しにくいシートなので、器が汚れにくく、後かたづけも楽チンです。

おすすめレシピ おすすめレシピ

自家製サラダチキン、鶏ハム

鶏胸肉を使ったサラダチキンや鶏ハムは、ヘルシーでおいしいと大人気!自分で作れば、添加物の心配がなくて安心です。
どちらのメニューも、漬け込みには「ジップロック®ストックバッグ」を使うと便利です。ダブルジッパーで密封性が高く、少ない調味料でもまんべんなく漬けることができます。下味にしょうがやヨーグルトを利用することで、かたくなりやすい鶏胸肉がしっとりやわらかく仕上がります。

おすすめレシピ おすすめレシピ