HOME > ミオイノシトール測定試薬(ルシカMI)> ミオイノシトールってなぁに?

ミオイノシトール測定試薬 ルシカMI

ミオイノシトールってなぁに?

ミオイノシトールを測定すると何がわかる?

ミオイノシトールは食後あるいは糖負荷後の高血糖状態を反映して、尿中に排泄されます。
糖負荷後の尿中ミオイノシトールを測定することにより、耐糖能異常を検出できます。
糖負荷前後の尿中ミオイノシトール排泄増加量は、糖負荷後の血糖値とよく相関しており、空腹時の血糖だけではわからない「かくれ糖尿病」が検出できます。

血糖正常

高血糖


さらに高血糖


血糖が正常な場合は、血液中の糖やMIはほとんどが再吸収され血液中に戻ります。ところが血糖が高くなると、MIは尿細管において糖による再吸収阻害を受け、尿中に排泄されます。さらに高血糖になると、腎臓が再吸収し切れない糖が尿中に排泄されます(尿糖)。

 

埼玉医科大学 河津 捷二 先生
医学と薬学 52(6):981-987, 2004

このページのTOPへ

ミオイノシトールの検査方法

ミオイノシトール検査は、糖負荷後の耐糖能異常を検出する検査ですので糖負荷が必要です。 従来の糖負荷検査は、下記のように最大4回の採血が必要ですが、検査は糖負荷前後の 尿を試料としますので、採血による痛みはありません。 また既定の食事前後の尿を試料とした場合でも、糖負荷と同様な結果を示しました。

糖負荷検査糖負荷検査

ミオイノシトール検査ミオイノシトール検査
※正常型と耐糖能異常群を区別するためのΔUMIカットオフ値は10mg/gCrです。

 

このページのTOPへ
血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012特設ページ グリコアルブミン情報ファイル
  3週間前から採血時までの平均的な血糖状態がわかるグリコアルブミン検査。
  基礎知識と臨床現場における活用例。
お問合せ