ホームソーイング

裏地の賢い選び方は?

表地と相性のいい裏地を選ぶ

表地と裏地を二枚重ねて手のひらで握ったり開いたりして、なじみ具合をチェック。
次に、二枚一緒に折り曲げてみたり、斜めにひっぱり、同じように動いている感じならば大丈夫。

イラスト

裏地の色選び

無地の表地

同色。ない場合は、やや薄目の色を。透けそうな場合はやや濃いめの色。

イラスト

透ける表地

表地と裏地を重ねて、顔色がパッと引き立つ色。やや濃い目の色が奥行きが感じられてきれいです。

イラスト

白や白に近い表地

ベージュやアイボリー。自分の腕に裏地と表地を重ねておいて、腕の輪郭がボーと薄れる程度の色がおすすめ。

イラスト

チェックや縞、多色プリントの表地

一番分量の多い色。

イラスト

裏地も主役

表地と共に、裏地も第二の主役です。肩ひもや裾にレースやリボン、ビーズをつけるのはトレンドの一つ。<ベンベルグ>裏地は豊富な色ぞろえだから、表地とは異なる色づかいをしたり、柄物の裏地を使うのは、とてもぜいたくな仕立て方です。スカートのヘムから裏地をのぞかせたりと裏地が主役のデザインは、これからの注目株です。

イラスト
個人のお客様向けサイト
ベンベルグブランドサイト
お問い合わせ

ベンベルグ®、Bemberg®は旭化成(株)の登録商標で、一般繊維名はキュプラ(Cupro)です。

ページ上部へ