GAT可視光線と赤外線の両方を透過するポリオレフィンシート

NEWS

  • 2022.04.04NEWS:
    AKB48永野芹佳さんにYouTubeで『赤外線透過透明シート GAT』をご紹介いただきました。こちらをクリックするとYouTubeに飛びます)

GATは飛沫感染予防用の仕切り板としてもご使用頂けます

GATは「可視光線」と「赤外線」を透過するため、
仕切り板(パーテーション)として使用することで赤外線カメラによる
体温測定飛沫感染防止両立が可能です。

GATとは

赤外線透過透明シート(GAT)は「可視光線」と「赤外線」を同時に透過するポリオレフィンシートです。
本来不透明なポリオレフィンシートを独自の成型技術により「可視光線」と「赤外線」の透過を同時に可能にしたことで電気設備の「目視検査」と「赤外線サーモグラフィー検査」を同時に実施可能にしました。
(GATはG:日本原子力発電㈱、A:旭化成グループ、T:㈱サーモグラファーで共同開発しました。)

目視検査
GAT
アクリル
赤外線サーモグラフィー検査
GAT
アクリル
GAT
アクリル

分電盤の劣化や部品の緩みによる異常発熱の監視用絶縁保護カバー

赤外線カメラのレンズ保護カバー

光学系保護用カバー

使用例

分電盤での監視用絶縁保護カバー

分電盤や制御盤には感電防止のため透明な樹脂製保護カバー(アクリルや塩ビ)が取り付けられています。
アクリル等の従来の透明樹脂では目視検査は可能ですが、赤外線は透過せず、保護カバー越しの赤外線サーモグラフィー検査は実施できませんでした。
保護カバーにGATを使用することで目視検査と赤外線サーモグラフィー検査を同時に実施可能です。

分電盤での使用例

分電盤での使用例- 赤外線サーモグラフィー検査

アクリルカバーの下は、赤外線を透過しないので熱画像が確認できませんが、GATカバー部は内部熱画像が確認できます。

使用時の留意点ダウンロード
赤外線カメラのレンズ保護カバー

赤外線カメラで撮影をする際に、レンズを保護するためのカバーとしても使用できます。

GATカバー

撮影対象物の破損等により赤外線カメラのレンズへのダメージを避けるための保護カバーとして活用可能です。

メリット

火災事故の防止

異常発熱箇所の早期発見が可能となり、
火災事故発生リスクの低減が可能です。

24時間状態監視が可能

赤外線カメラを用いた24時間状態監視が可能となり、
異常発熱等の早期発見・対応が可能です。

安全な検査が可能

分電盤内部の保護カバー取外しが不要のため、
保護カバー取外しによるケガ、通電部接触による
感電事故防止が可能になり、より安全な検査が可能です。

効率的な検査が可能

分電盤内部の保護カバー取外しの手間が無く、
赤外線サーモグラフィー検査の測定時間短縮により、
より効率的な検査が実施可能です。

優位性

他樹脂との比較

赤外線と可視光線の両方を透過するシートです。

他素材との比較

GATは、赤外線と可視光線の透過性、扱いやすさの両面に優れた素材です。

アクリル 石英ガラス ポリエチレン GAT
赤外線透過率 △(遠赤外線は✕)
可視光線透過率 △~✕
コスト
比重

設置方法

GAT規格品を加工することで、お客様のご都合に合わせた形でご使用いただけます。

必要な部材
ステップ1
ステップ2
ステップ3

GAT規格品
カッター/ハサミ(GAT切断用)
フレーム材(アクリル、アルミ等)
ビス(GATとフレーム材の固定用)

GAT規格品から必要なサイズを、カッター/ハサミ等を用いて切り出してください。

切り出したGATをフレームにビス等を用いて固定してください。

GATのついたフレームを必要な箇所に取り付けてください。取付金具等はご準備ください。

仕様

仕様項目 仕様
製品番号 GAT-05 GAT-10
販売サイズ
x
長さ
400mm
x
1000mm
400mm
x
500mm
400mm
x
1000mm
400mm
x
500mm
厚さ 0.5mm 1.0mm
参考価格 60,000円/枚 40,000円/枚 60,000円/枚 40,000円/枚
化学名または一般名 ポリオレフィン
融点 120〜140℃
安定的に使用できる推奨使用温度 80℃以下
密度 1,000kg未満/㎥
適用法令 消防法: 指定可燃物(合成樹脂(その他のもの))<3,000㎏以上>
推奨用途 主に電源盤保護カバーシート等

※ 上記サイズ以外についてはお問合せ下さい。

物性

物性表 項目 単位 JIS規格 GAT-05 GAT-10
光学的物性 全光線透過率 % K 7361-1 89 88
ヘーズ(曇度) % K 7136 6 10
電気的物性 体積抵抗率(ρv) Ω・cm C 2139 >2×10の18乗
絶縁破壊電圧 kV/mm C 2110 40 50
摩擦帯電性(半減期) sec L 1094 >120
比誘電率(εr) 10KHz C 2138 2.33
1MHz 2.33
100MHz 2.40
1GHz 2.40
誘電正接(tanδ) 10KHz 0.0002
1MHz 0.0002
100MHz 0.0001>
1GHz 0.0001>
燃焼性 耐アーク性 sec C 2135 160
難燃性 (UL94) HB相当
熱的物性 軟化温度(針入れ、0.5N、5℃/min) K 7196 100

※: 諸物性及び比較の数値は、定められた試験方法に基づいて得られた代表値であり保証値ではありません。個々の用途に合わせて目安としてご参照ください。

分光透過率比較

アクリル1.0mm

GAT 0.5mm

GAT 1.0mm

技術データ(日)
赤外線サーモグラフィー診断を可能にした透明な絶縁保護カバーの開発について
(出典:一般社団法人 火力原子力発電技術協会 会誌「火力原子力発電」69巻)
技術データ(英)
Development of the electric shock prevention transparent cover for
infrared thermography diagnosis(出典:E-journal of Advanced Maintenance Vol.6 No.4)

FAQ

Q: GAT-10とGAT-05の採用用途はどのようなものがありますか?

A: GAT-10はある程度強度が必要である分電盤等の保護カバー用途としての採用が多く、GAT-05は透過率を必要とするセンサー用保護カバー等での採用が多いです。

Q: 幅400㎜×長さ1000㎜より大きいサイズの販売は可能ですか?

A: 基本的に幅400㎜×長さ1000㎜が最大サイズですが、長さはlot 数量に応じて要相談とさせて頂きます。しかし、製造設備の関係から幅400㎜の変更は不可ですのでご了承下さい。

Q: 運賃はどのようになっていますか?

A: 御見積には運賃を含んだ金額をお出ししております。

Q: 発注から納入まで納期はどの程度必要でしょうか?

A: 在庫がある場合の納期はご下命後1週間程度です。在庫の有無についてはお問合せ下さい。

Q: 最低ロットについて教えて下さい。

A: GAT-10、GAT-05どちらも1枚からご発注可能です。

Q: GATの加工には特殊な工具は必要ですか?

A: 市販のハサミやカッターでカット加工が可能であるため、特殊な工具は不要です。しかし、GATは傷つきやすいため加工の際はご注意下さい(納入時は両面に保護フィルムを貼った状態です)。

Q: GATをアクリル板等に固定する場合、推奨される接着剤等はありますか?

A: GAT には推奨される接着剤はございません。 アクリル板等への固定の際はビスを使用した固定を推奨しております。

Q: 厚さ1.0㎜以上の製作は可能ですか?

A: 現状0.5㎜と1.0㎜のみのお取扱となります。厚くすることでGATが白濁したり赤外線透過率が低下したりする可能性がございますのでご了承下さい。

※ 本サイトに掲載されている内容は改善のため予告無く変更する場合がありますので、あらかじめご了承下さい。