お互いを思いやることができる現場で
いい家づくりをしたい。

技術職(施工管理)

新卒入社

建設事業部 建設板橋事業所

K.S.

2019年入社|建築学部 建築学科 卒

  • 現場の安全を守り、
    高品質をお届けします。

    技術職(施工管理)として入社して3年目。いくつかの物件を同時進行で担当して経験を積み、現在は大型物件であるヘーベルメゾン(集合住宅や店舗)を担当しています。

    業務内容は、納材・業者の手配、施工計画書の検討、工程ごとの完成検査、その他現場での指示出しなど多岐に渡ります。施工計画書とは、足場や重機などの配置を100分の1スケールの図面上に書いたもので、作業者が安全に、かつ快適に作業できるように配慮した配置が求められます。

    検査では、基礎、躯体、木工などの各工程で、厳しい社内基準に沿って、ボルトの緩みがないか、図面通りに正しい納まりで施工されているかなどを一つひとつチェックしていきます。メゾンは一部に店舗が入る場合もあり、物件によって全く違う計画となるため、細かく決められたレイアウトなどが図面通りに仕上げられているかなども丁寧に確認するようにしています。また、最後の工程である完成検査では、お客さまの立場に立って厳しい目でチェックをしていきます。高い品質の建物をお引渡しできるよう、「自分は品質を守り抜く“砦”なんだ」という気持ちで、日々仕事に取り組んでいます。

    現場の安全を守り、<br>高品質をお届けします。
  • 信頼し合えるからこそできる、
    良い家づくり。

    大学では建築を専攻し、人々が生活の多くを過ごす住宅に関わる仕事がしたいと思うようになりました。住宅にもデザイン性や機能性などさまざまな特徴がありますが、私が特に惹かれたのが「人を守る強い家」でした。そこでヘーベルハウスを施行する当社の存在を知り、入社を決めました。

    最初のころは自分がどう立ち回ればいいのかわからず、現場で的確な指示を出すことができませんでした。そんな中でも職方さんたちは指示を待つことなく動いてくださいました。それは、HEBEL HAUSのブランドや考え方を理解し、「お客様に良い家をお届けする」という気持ちとそれを実現するスキルを身につけて現場にいらっしゃるからだと新人ながらに理解しました。もっと成長して、職方さんに頼りにされる管理者になりたい、そして、お客様に良い家をお届していきたい――そう強く思うようになりました。

    当時、まだ経験が浅い自分にできることは大きな声で挨拶すること、できる限り現場に足を運んでコミュニケーションをとるなど基本的なことでしたが、続けるうちに少しずつ頼っていただけるようになっていきました。それが本当にうれしくて、「もっと頑張ろう!」と毎日はりきっていましたね(笑)。

    信頼し合えるからこそできる、<br class="u-spDin">良い家づくり。
  • 背中を預けてもらえるように。

    家づくりは多くのメンバーが力を合わせて進めていく仕事です。それぞれが、そこに住まわれるお客さまを思い浮かべながら、役割を真剣に果たしています。私の役割は作業者の皆さんから信頼される管理者となり、携わるメンバーと一緒に作り上げた「品質の高い家」を、お客さまにお引渡しできるように導くことだと思っています。

    施工管理はお客様と直接関わることは少ないですが、何も建っていない更地の状態から、建物が立派に完成するまでの全ての工程を見守り、現場とお客様をつなぐ架け橋としてなくてはならない存在です。HEBEL HAUSを通して、たくさんの人を幸せにすることができるこの仕事を、誇りに思っています。

    背中を預けてもらえるように。

職場の先輩と趣味を楽しむ

毎年冬は小学生の頃から続けているスノーボードに行っています。社内でもスノボ好きの先輩方がいるので、ぜひ一緒に行きたいと思っています。また、経験したことのないゴルフや釣りなども先輩方と一緒に挑戦してみたいです!