関わる全ての人が
喜ぶ現場をつくりたい。

技術職(施工管理)

キャリア入社

東京事業部 東京事業所

K.K.

2019年入社|
工学部 建築デザイン学科 卒

  • 建物の完成形を理解することが
    何より大事な仕事です。

    あらゆる分野の職方さんが集う場所。それが家づくりの現場です。そんな場所で、社員や大工さんはもちろん、設備、水道、電気の業者さんなど、関係者の中心に立ってコミュニケーションをとり、工事全体をマネジメントするのが施工管理の仕事です。かっこよく言うなら、“現場の司令塔”でしょうか。基本的にどこかの現場に常駐するということはなく、同時に複数の物件の管理をしています。

    “司令塔”と言うからには、誰よりも先に建物の完成形を理解し、工事全体を進行しなくてはならない――それが私の考えです。施工中は、たびたび現場の職人から判断を仰がれます。その際に適切な指示ができるかどうかは、この建物の完成形に対する理解度が大きく関わっているんです。現場の皆がスムーズに工程を進められるよう、いつも工事工程全体を俯瞰して理解度を深めるように心掛けています。

    建物の完成形を理解することが<br>何より大事な仕事です。
  • “個”ではなく“チーム”で取り組む
    意識を
    持っています。

    この仕事の一番の面白さはチームワークを実感できることです。前職のゼネコンでも施工管理を担当していましたが、当時は決められた業務を“こなしていく“感覚で仕事に取り組んでいました。しかし旭化成住宅建設に入社して、仕事に対する考えが変わりました。今の現場では“みんなで一つのモノをつくっていく”という意識が強いんですよ。施工管理の立場としてチーム内の調整は苦労しますが、メンバー同士で達成感を分かち合えることはやりがいになっています。

    チームワークを発揮する上での当社の強みは、外部の職方さんや技能職(技能工)社員、そして技術職(施工管理)社員のそれぞれが対等な立場で議論を交わす文化があることです。それによって一人では思いつかない改善策が浮かんできますし、コミュニケーションを重ねることで、お互いへの信頼感も厚くなっていきます。また、チームワークを大切にするという意味では、一人ひとりの働き方に対して会社が配慮してくれているのも大きな魅力です。休みを取って子供の学校行事に参加したり、従業員の充実したプライベートを後押しする風土が当社にはあります。

    “個”ではなく“チーム”で取り組む<br class="u-spDin">意識を<br class="u-pcDin">持っています。
  • 「HEBEL HAUSでよかった」
    と感じてほしい。

    お客様の期待を超える家をつくること。それが私の仕事に対する目標です。ですから私は出来上がりの質だけでなく、つくる工程の質も高めたいと考えています。いつお客様が来られても整頓されていて、現場の人たちと気持ちよくコミュニケーションがとれる。そんな現場をつくることで、「住まいが完成するまでの過程も含めてお客様に楽しんでいただけるはず」と考え、日々業務に取り組んでいます。その結果、お客様の喜ぶ顔が見られた時は、とても嬉しいですね。

    また、実際の施工に携わる職方さんや技能職(技能工)社員が働きやすい現場をつくる心がけも同様に大切です。尊敬する上司は、ある大雪の翌日、職方さんや技能職(技能工)社員の出勤前に雪かきをして現場を整えたといいます。施工管理に携わる人間として、現場の誰もが気持ちよく働ける現場づくりを通して、施工の下支えができる技術職(施工管理)を目指したいと思います。

    「HEBEL HAUSでよかった」<br class="u-spDb">と感じてほしい。

家族3人で仲睦まじく

学生時代にサッカーをやっていた流れで、以前の休日はフットサルをしていましたが、最近は妻と3歳の娘と家族3人で過ごす機会が増えました。いつしか家族でドライブをしながらショッピングに出かけるのが休日の楽しみになっています。