2023年12月20日

旭化成メディカル株式会社

プレスリリース

中国におけるバイオプロセステクニカルセンターの開設

 旭化成メディカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:四ノ宮 健、以下「当社」)の関係会社である旭化成生物工程(上海)有限公司(所在地:中国上海市、総経理:吉新翔吾 、以下「AKBC」)と旭化成株式会社の関係会社である旭化成分離膜装置(杭州)有限公司(所在地:中国杭州市、総経理:丸山順一、以下「AKMH」)は、本年11月23日に「Asahi Kasei (China) Bioprocess Technical Center(中国語名:旭化成(中国)生物过程工艺技术中心、以下「CBTC」)を中華人民共和国江蘇省蘇州市に開設しましたので、お知らせいたします。


 当社は、生物学的製剤*1の製造工程に使用されているバイオプロセス関連製品の開発、製造と販売、バイオセーフティー試験やバイオ医薬品CDMO事業*2を中心としたバイオプロセス事業を成長エンジンの1つと位置付けています。AKBCはウイルス除去フィルター「Planova™」、マイクロフィルター「BioOptimal™」や関連装置の輸入販売を担っていますが、製品を用いた実践的な技術サポートを行ない、中国において顧客へ更なる価値を提供することを目的に、環境保護用有機膜「MICROZA」を輸入販売するAKMHとの合同でCBTCを開設しました。

当社は、旭化成グループのヘルスケア関連事業の一員として、世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献することを使命とし、生物学的製剤の安全性と生産性向上に貢献するパイオニアであり続けます。

<参考:AKBCについて>

(1)名称

(漢字)旭化成生物工程(上海)有限公司
(英語)Asahi Kasei Bioprocess(Shanghai)Co., Ltd.
(2)所在地 中国上海市淮海中路999号上海環貿広場弁公楼一期
(3)代表者の役職・氏名 総経理:吉新 翔吾
(4)事業内容 ・ウイルス除去フィルター「Planova™」およびバイオプロセス関連製品の
 輸入販売、およびそれらに関する技術サポートの提供
・バイオプロセス関連装置の技術サポートの提供
(5)設立 2020年8月(中国での業務開始は2021年4月より)
(6)株主 旭化成(中国)投資有限公司100%

<参考:AKMHについて>

(1)名称

(漢字)旭化成分離膜装置(杭州)有限公司
(英語)Asahi Kasei Microza(Hangzhou)Co., Ltd.
(2)所在地 中国杭州市銭塘新区23号大街435号2棟
(3)代表者の役職・氏名 総経理:丸山 順一
(4)事業内容 ・環境保護用有機膜「MICROZA」の研究開発、生産、販売
・膜分離装置及び部品、膜モジュールの代理販売
・水処理設備及び環境保護設備に関するモジュールの据え付け、試運転、
 サービス、卸販売、輸出入などの受託業務
(5)設立 2005年9月
(6)株主 旭化成(中国)投資有限公司100%

<用語解説>
*1生物学的製剤:ヒトおよび動物といった生物由来成分を原料とした医薬品。

*2バイオ医薬品CDMO事業:バイオ医薬品の製造プロセス開発受託やGMP製造受託を行う事業。

CBTC 開所セレモニーの様子

CBTC 開所セレモニーの様子

CBTCラボにおける実験の様子

CBTCラボにおける実験の様子

以上

2023年(令和5年) 2022年(令和4年) 2021年(令和3年) 2020年(令和2年) 2019年(平成31年/令和元年) 2018年(平成30年) 2017年(平成29年) 2016年(平成28年) 2015年(平成27年) 2014年(平成26年) 2012年(平成24年) 2011年(平成23年) 2010年(平成22年) 2009年(平成21年) 2008年(平成20年) 2007年(平成19年)


ページの先頭に戻る