れんこん

れんこんは生のまま冷凍保存すると、多少食感は変化し、変色することもありますが、比較的劣化が少なく、おいしく利用できます。

冷凍保存の方法

  1. 皮をむいて好みの大きさに切り、酢水(または水)に5分ほどさらして水けをふき取る。
  2. 切り方によってはくっつきやすいため、使いやすい分量ずつ「サランラップ®」で包み、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

    ※一度に使い切る場合は「フリーザーバッグ」に直接入れてもよいでしょう。

使うときは

凍ったまま調理するか、冷蔵室または室温で自然解凍して利用します。きんぴら、甘酢づけ、天ぷらなどにすると、シャキシャキ感は薄れ、多少モチっとした食感になりますが、おいしく食べられます。
大きめに切ったものは煮物にすると、ホックリとした食感が楽しめます。
また、切らずにかたまりで冷凍保存し、凍ったまますりおろして、れんこん餅や汁物のとろみづけに利用することもできます。


保存に便利なアイテム

サランラップ®
優れたバリア性で、食品の鮮度や香りを保つ
ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK