旭化成アドバンスHOME
ホームサイトマップ

エポマー

エポマー®とは

上下水道、ビルピット向け塗布型ライニング材料

エポマー®は、エポキシ樹脂をベースとした上下水道向け塗布型ライニング材料です。上下水道施設、ビルピット(注1)、農業集落排水処理施設を対象とする防水・防食工事に対して、要求性能に応じた製品を揃えております。

・上水道向け材料[P-800,S-800,S-700];ビスフェノールF型エポキシ樹脂を使用した無溶剤型ライニング材です。日本水道協会(JWWA)K-143の規格に適合しています。

・下水道向け材料[GP-101,GP-202];「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル(19年版)」において、塗布型ライニング材料においても、10年保証(注2)が義務付けされました。また、全ての製品規格に性能照査の考え方が導入されたことから、個々の製品あるいは工法に対するメーカー責任が一層厳しく問われることになりました。
 エポマー®は、新指針(24年版)にも対応しており、施主の皆様が安心してお使いいただける材料です。

・ビルピット向け材料[GP-303];無機酸、有機酸(酢酸、蟻酸、プロピオン酸など)、洗浄剤及びアルコール類に対する耐食性の強い材料であり、多くの施主の方より御用命を頂いております。

(注1)ビルピット:ビル内で発生した汚水を地下空間で貯留した後、間欠的に地上に揚水して公共下水道に排出する民間の建築物にある貯留施設のことを言います。

(注2)10年保証について:旭化成アドバンスが材料として10年保証するのは「A・Bエポマー工法協会会員」のみです。「A・Bエポマー工法協会」については、同協会のHPを参照下さい。
A・Bエポマー工法協会HP: http://ab-epomer.com/

このページのTOPへ