環境監視機器(油検知器)

img

油流出を検知するセンシング技術で、環境汚染を早期発見、企業損失を防ぐ

油の流出・漏油事故の発生は、河川や海の環境を脅かすだけでなく、環境・社会・ガバナンス(ESG)への対応が不十分な企業としてイメージの低下や損害賠償などにつながり、事業に深刻なダメージを及ぼすリスクがあります。当社が環境監視機器の生産を開始したのは1976年。当時の日本における「環境との共生」を目指す製品の草分けでした。油の絶縁性を利用するというシンプルな仕組みの中に、筺体デザインをはじめとする当社独自のノウハウを詰め込んだ環境監視機器は、その後40年にわたり基本的な構造を変えることなく、今も国内No.1のシェアを誇るロングセラーになっています。1997年にはミクロン単位の油膜を検知する非接触レーザ反射方式の装置を開発。薄い油膜監視のニーズに応えると同時に、誤報によるトラブルの防止で高い評価を得ています。

img img

エポラーム®シリーズHistory

img

製品ラインナップ

油膜検知器 
エポラーム®M
LMD-3000
img
排水溝、マンホール、浄水池、貯水池、プール、ピット などの油漏れや油の流出事故を未然に防止するために開発された、非接触レーザ光反射方式の油膜検知器です。ミクロンオーダーの油膜を検知出来ます。
波立ち・水流がある場合でも無調整で 0.3~4m の水位変動に対応可能です。また、静水面では 6m までの水位変動に対応できます。
耐圧防爆形 油膜検知器
エポラーム®M
LMD-3000EX
img
非接触レーザ光反射方式の耐圧防爆形油膜検知器です。危険場所での使用を可能にしました。
波立ち・水流がある場合でも無調整で 0.3~4m の水位変動に対応可能です。
また、静水面では 6m までの水位変動に対応できます。
油漏れ検知器
エポラーム®C
CSR-3005
img
石油や油類を大量に備蓄しているタンクヤード等での油漏れや油の流出事故を未然に防止するために開発された油漏れ検知器です。
発売以来改良を重ね国内外で約3万台の販売実績を誇る業界シェアNo1の商品です。
油漏れ検知器
マイクロエポラーム®
CSR-1505
img
地下トンネル、地下洞道などで、スペースの少ない地下ピットや排水ピット用に開発した屋内用の小型油漏れ検知器です。
エポラーム®Cで培った油検知のノウハウが生かされた商品です。
3mm以上の油層を検知する本質安全防爆検定合格品です。
蛍光式水溶性油検知器
エポラーム®F
(FD-280C)
img
センサーを水面に浮かべることで水溶性の油、混濁油などを高感度で検知できる接触式の検知器です。時間がかかっていた従来の検出に比べ、試薬が不要で迅速な検出が行えます。
液層検知器
エポラーム®B
CS-0305
img
タンク底部に沈んだ油や水、排水ピットに流れ込んだ化学溶液など、比重の異なる2種類の液層からいずれかの液体を検知するために開発された検知器です。 5mm以上の液層を検知できます。

セレクションガイド

検知対象 浮上油 水溶性、混濁油 沈降油
最大検知能力 油膜 数μm 油層 3~5mm 濃度 数ppm 油層 5mm
適合製品 エポラーム®M
LMD-3000
エポラーム®M
LMD-3000EX
エポラーム®C
CSR-3005
マイクロエポラーム®
CSR-1505
エポラーム®F
FD-280C
エポラーム®B
CS-0305
サイズ(㎜) Φ185×547H Φ220×595H Φ300×140H Φ150×60H Φ300×140H Φ25×max2,000H
検知距離 0.3~4.0m 0.3~4.0m
防爆対応 ○(耐圧) ○※(本安) ○※(本安)

※本安…本質安全防爆