ベンベルグ®の世界
施設紹介

製造工場および研究所、関連施設のご紹介。
一部施設は、見学や来場のご予約を受付けています。

ベンベルグ®工場

旭化成は1931年に宮崎県延岡市に<ベンベルグ>工場を建設し操業を開始しました。自然豊かな延岡の地とともに歩んで85年以上。環境を守るための様々な工夫が詰まった生産設備で自然環境を大切にしながら、世界で唯一の<ベンベルグ>メーカーとして、品質の向上と用途の拡大に努めています。

動画で工場紹介

工場見学のご案内

<ベンベルグ> 工場では、製造過程を直接見学していただくことができます。

お申し込み(予約制)
〒882-0847 延岡市旭町四丁目3400-1
TEL : (0982)22-4100/FAX : (0982)22-4106
営業日
月~金曜日(定休日:土・日・祝祭日)
  • ※ 1組30名様以内とさせていただいております。
  • ※ 小学校5年生未満のお子様は工場見学ができません。

商品科学研究所

ここでは、<ベンベルグ>の加工技術・物性や製品の着用快適性を研究し、機能性研究を深めリードするため新しい価値商品の開発に取り組んでいます。また、人工気候室などの評価機器を備え、製品の機能性を高い精度で実証しています。


  • 着用による快適評価(人工気候室)

  • 人体生理評価(肌摩擦試験)

  • 高機能商品の開発(気密測定機器)

  • 分析評価(繊維分析)

裏地ミュージアム+

歴史と伝統を知り、未来を考える場 「ベンベルグ裏地ミュージアム+(プラス)」

旭化成は2014年10月、『ベンベルグ裏地ミュージアム+(プラス)』を開設しました。常時3000種類以上の裏地を展示しているほか、産地の紹介や機能適性の体コーナーなど、様々な側面から<ベンベルグ>裏地の特長を伝え、洋服づくりの基礎知識を啓蒙しています。

世界のファッションビジネスを支えるアパレル、小売り、流通などの業界関係者や、これからのファッション業界を担う学生を対象としており、<ベンベルグ>裏地を通じてものづくりの未来を考える場として活用されています。

所在地
東京都千代田区神田小川町3-7-5 VORT神保町 8階
(交通) 都営三田線、都営新宿線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅 出口A9より徒歩4分
開館時間
平日 午前10:00~午後5:00 (予約制)
休館日
土曜日・日曜日・祝日および会社休日
【展示内容】
イントロダクション
裏地の歴史・役割をご紹介し改めて裏地の必要性を知っていただいた上で、<ベンベルグ>素材のご紹介(原料見本、他素材比較)と<ベンベルグ>産地(延岡、守山、北陸、山梨)をご紹介します。
ベンベルグ®裏地機能
<ベンベルグ>の裏地への機能適性(「スベリ性」「吸放湿性」「制電性」)を体感していただきます。
ベンベルグ®裏地ラインアップ
現在の商品ラインアップを一堂にご覧いただくとともに開発商品をご紹介いたします(無地、ジャカード、ストライプなど)。
コミュニケーションスペース
商談、ミーティング、セミナー企画展用のスペースを準備、フレッシュな情報を発信します。

裏地ミュージアム+ 見学予約

裏地ミュージアム+ 見学は予約制です。下記の予約フォームからお申し込みください。

裏地ミュージアム+
見学予約フォーム

Page top

ベンベルグについてのお問い合わせ

ベンベルグの世界

HOME  >  ベンベルグ  >  ベンベルグの世界  >  施設紹介