ベンベルグ®の世界
特長

天然繊維が持つやさしさと、化学繊維が持つ機能性を兼ね備えた、
唯一無二の存在。

肌に優しい
触れた瞬間からつづく
肌へのやさしさ。

触れるとすべすべとしたなめらかな肌触り。

肌への刺激が少なく、やさしいタッチ。

<ベンベルグ>は、繊維の断面が真円に近く表面もなめらか。そのため刺激が少なく、デリケートな肌も傷つけにくい。

  • ベンベルグ
  • レーヨン
  • シルク
  • コットン
糸断面 (×1,100)
ベンベルグ
レーヨン
シルク
コットン
糸側面 (×600)
ベンベルグ
レーヨン
シルク
コットン
皮膚摩擦テスト

素材による皮膚摩擦前後の、肌のキメの様子を皮膚レプリカ法(自社法)で観察しました。

摩擦前
ベンベルグで摩擦後

皮膚のレプリカ
コットンで摩擦後

皮膚のレプリカ

<ベンベルグ>は肌へのダメージが少ないことがわかります。

調湿
肌とともに呼吸する。

<ベンベルグ>は湿気をコントロールする繊維です。

湿気を吸ってはきだす。

<ベンベルグ>は目にはみえない極めて小さな水分の通り道から、すばやく湿気を吸い取りはきだします。ムレやベタつきを抑えさわやかな着心地です。 


  • ベンベルグ

  • ポリエステル
湿度変化による吸放湿性

人の体からは、一日に600ml(コップ4杯分)の気体の汗が放出されています。
<ベンベルグ>はこの気体の汗を吸ってはきだす機能「吸放湿性能」に優れています。

ベンベルグファイバー1本内の結晶構造

ベンベルグファイバー1本内の結晶構造 ※結晶構造に密度差があります。

コットンファイバー1本内の結晶構造

コットンファイバー1本内の結晶構造

湿気を吸いやすくはきだしやすい非晶部分を多くもつ<ベンベルグ>は、余分な湿気を放出し衣服内を快適に保ちます。

一年を通して快適
その快適性は、季節を選びません。

繊維の中に水分を多く含む<ベンベルグ>は、衣服内の環境をコントロールする力に優れ、シーズンを問わず快適な衣服内環境をつくりだします。

夏はひんやり。

繊維内の非晶部分に水分を多く含む<ベンベルグ>は、肌表面の熱を水分によって外へと逃がすため、蒸し暑い夏はひんやりと感じます。

公定水分率

<ベンベルグ>は繊維の中に水分を多く含んでいます。
放熱性(DHL/肌面)

<ベンベルグ>は熱を逃しやすい。

ベンベルグ110dtex ポリエステル100dtex コットン50/- のベア天生地で比較
※DHL:Dry Heat Loss

冬は暖かく。

体から湿気を吸収するときに、熱エネルギーが発生します。
この熱を逃がしにくい素材と組み合わせることで暖かさを生みだします。

吸湿発熱テスト

吸湿発熱テスト

静電気を逃がす。

水分を多く含むため、冬には静電気を逃がす機能があります。

(摩擦布 綿)
(摩擦布 ウール)

JIS L1094法 20℃40%RH環境下

すべりのよさと美しい表情
すらりとまとう。彩り輝く。

<ベンベルグ>は繊維の表面がなめらかなので摩擦が生じにくく、体の動きをスムーズにします。
また、美しい発色と光沢や、独特の風合いで存在感を放ちます。

すべりがよく着心地がよい。

繊維の断面が真円に近い<ベンベルグ>は、摩擦係数が小さくすべるように軽やかな着心地です。

ベンベルグポリエステルシルク裏地(ツイル)と綿布の摩擦(MIU)

ベンベルグ・ポリエステル・シルク裏地(ツイル)と綿布の摩擦(MIU)

ベンベルグ®ならではのフィブリル加工。

特殊な加工を施し、表面に繊細な起毛感のある独特な触感と表情を作り出します。

深みのある美しさ。

<ベンベルグ>は美しい光沢で深く優美に染め上がり、多彩な表情を作りだします。

<ベンベルグ>は極めて小さな水の通り道、非晶部分が多い構造をもっています。そのため、染料を吸い上げるスピードも速く、短時間で濃く染まります。

セルロース繊維の染着吸尽曲線

セルロース繊維の染着吸尽曲線

測定データは、旭化成(株)商品科学研究所にて測定。

Page top

HOME  >  ベンベルグ  >  ベンベルグの世界  >  特長