シミュレーション&最適設計流体と構造体の連成解析システム

事例1カーテンエアバッグの展開解析

お客様のニーズ

現象を精度よく再現するエアバッグ解析手法の開発。

導入効果

  • ガス流動解析により従来の手法では再現不可能だったカーテンエアバッグの展開挙動を忠実に再現することが可能。
  • 展開初期におけるエアバッグ基布の局所的高応力状態を再現可能。
  • エアバッグ内圧の時刻歴も実験と良く一致。
  • 実車搭載時のエアバッグの展開挙動を予測できる。
  • 展開初期の基布破断を予測することができる。
  • バッグ内圧などエアバッグの基本設計に利用可能。

実験と解析結果の比較

開発手法は展開挙動が実験とよく一致

  • 実験では分からないエアバッグ内の高速ガス流れの状態を可視化

サイドカーテンエアバッグ解析例

上段から「実験」、「解析結果」「エアバッグ内のガスの流れ」

基布破断位置の予測

開発手法を使うと実験時の基布破断位置と最大応力部が一致する

実験時の基布破断位置と最大応力部が一致

エアバッグ内圧の時刻歴

開発手法を使うと実験のエアバッグの内圧変化も実験の傾向を再現できる

実験のエアバッグの内圧変化も実験の傾向を再現

ページ上部へ

事例2エアバッグの特性把握実験技術

お客様のニーズ

エアバッグの基本的な物性を評価したい

当社で対応可能な実験
  1. 1.
    タンク試験
    インフレータのマスフロー、温度など、解析に必要な基礎データの取得ができます。
  2. 2.
    高速引張試験
    ひずみ速度1000まで測定可能。 高速ビデオ撮影で変形挙動を同時に観察できます。
    エアバッグ基布、トリム材などの材料データ同定に最適です。
  3. 3.
    動的通気度試験
    基布はもちろん、縫製部の漏れも評価できます。
    引張荷重を印加した状態でのリーク測定も可能です。
  4. 4.
    高速摩擦試験
    エアバッグと周辺部品の摩擦係数を測定できます。
導入効果

  • 従来測定が不可能だった縫製部の漏れなどを評価可能
  • エアバッグの解析に必要な高速での材料物性を測定可能

高速引張試験

エアバッグの高速変形時の応答を測定することができる。

高速引張試験


動的通気度試験+引張治具

引張荷重を与えることにより縫製部の漏れを評価できます

動的通気度試験+引張治具

ページ上部へ

商品・サービスに関するお問合せ(CAE応用技術部)
お電話・FAXでのお問合せ
  • TEL 044-271-2490
  • FAX 044-271-2497
メールフォームでのお問合せ

お問合せフォーム