SCROLL
旭化成
繊維事業
Language

ベンリーゼ®は、日本国内のみで製造されています。環境に配慮した工程・技術を通じ、100%天然由来の原料が高機能な素材に生まれかわります。

旭化成は1974年に宮崎県延岡市でベンリーゼの製造を開始。操業以来、自然豊かな延岡の地とともに歩んできました。環境を守るための様々な工夫が詰まった生産設備で自然環境を大切にしながら、世界で唯一のベンリーゼの品質の向上と用途の拡大に努めています。

自然から生まれ、自然に還る

使用後は土に還る

天然由来の原料なので、廃棄された後も自然の働きによって分解される生分解性繊維です。土の中に埋めれば、バクテリアの働きで数週間のうちに土に還っていきます。

ベンリーゼ® (110g/m2)

評価方法
不織布をコンポストと混合し、28度の暗所内で培養する。定期的に水分含有量を確認、必要に応じて調整、同時にコンポストを手動で撹拌、不織布の崩壊状況を目視で確認する。

コットンシードサイクル

ベンリーゼ®は、環境に配慮したものづくりを推進しています。

旭化成の水力発電設備:9基(最古1925年〜)
写真:旭化成 星山水力発電所

自社発電設備を使用

宮崎県延岡市にあるベンリーゼ工場は、旭化成の自社所有発電設備を使用しています。その中で、水力発電・バイオマス発電などの再生可能エネルギー比率は35%*に上ります。また、排熱の利用や熱ロスの削減などによってエネルギーの無駄を徹底的に抑え、省エネルギー化を推進。それは同時に、CO2の排出を減らすことにもつながっています。

*2019年度 旭化成延岡地区の再生エネルギー比率(水力約27%、バイオマス約8%)

旭化成のバイオマス発電設備:2基(2012年~)
写真:旭化成 岡富バイオマス発電所

廃棄物のゼロ・エミッション化

廃棄物そのものを削減したり、再利用したりすることによって、最終的に埋め立て処分となる廃棄物の排出をなくそうとすることを「ゼロエミッション」といいます。旭化成では、ベンリーゼの生産過程で出た繊維くずを発電のための燃料として再利用するなど、工場から出る廃棄物も無駄にすることなく徹底的にリサイクルしています。他の廃棄物も含め、現在ではほぼ100%のゼロエミッション化率(2016年度実績99.8%)を達成しています。

ビジネスを通じた社会貢献活動も行っています

旭化成は糸の販売だけに留まらず、原材料から最終商品までのサプライチェーンを通じて、様々な取り組みを行っています。ベンベルグ事業部では、インドにおける活動で2016年からは国連開発計画(UNDP)が主導するビジネス行動要請(BCtA)に参加。若手人材の育成、教育支援を行うとともに、中小規模工場の生産性向上を支援しています。

ビジネス行動要請<Business Call to Action(BCtA)>とは

2008年に発足した、UNDPをはじめ5つの開発機関・政府が主導する、民間企業によるビジネスを通じた持続的な開発目標への貢献推進を目的とした取り組み。これまでに世界各国137社がBCtAに参加している。(2016年5月時点)

インドにおける社会貢献活動はこちら

様々な国際基準に適合しています

旭化成およびベンリーゼ®は、素材、製造工程、環境への影響に関する多くの国際基準の試験・認証を受けています。サステナビリティの目標達成に向けて、取得した認証を忠実に守り、より一層の信頼を獲得するために尽力します。

国際的な評価・認証

LCA (Life Cycle Assessment)

環境負荷の少ない商品の開発や設計を検討し、評価する手法。<ベンベルグ>はこの評価をベースにさらなる環境負荷の軽減に取り組んでいきます。

エコテックス® 規格100

エコテックス® 規格100 人体への有害物質による影響や被害をなくすことを目的とし、繊維の全加工段階に置ける原料、半製品最終製品に適用される、世界的に統一された試験・認証システムです。)

VEGAN

V-Labelは、欧州ベジタリアン連合(EVU)が認証するビーガン製品やサービスに付けるための国際的に認められたラベルです。

ISO-14001

ISO14001取得
企業活動・製品およびサービスについて、環境に与える負荷を継続的に軽減・防止していくための仕組みを企業の中に構築していることが評価され、国際規格ISO14001を取得しています。

ISO-9001

より良い製品やサービスをもって顧客満足度の向上を図るための「品質マネジメントシステム」が評価され、国際規格ISO9001を取得しています。

TUV AUSTRIAが実施している生分解性認証(海洋生分解・土壌生分解・コンポストによる生分解・都市型ゴミ処理場による生分解)

OK biodegradable MARINE

海水中で生分解が可能であり、そのコンポストが 環境に安全 (海洋生物の生育)であることを認められています。

OK biodegradable SOIL

畑、森林から採取した土壌を植種源として、土壌中の生分解が可能であることを認められています。

OK compost HOME

28℃という低温で試験をクリアし、一般家庭のコンポストで生分解が可能であることを認められています。

OK compost INDUSTRIAL

都市型ゴミ処理場において生分解が可能であり、そのコンポストが環境に安全であることを認められています。