考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

じめじめした梅雨も、ようやく終わりの気配。さて、今年もそろそろ、暑い夏がやってきます。強い日差しと日中の暑さで、夜にはもうヘトヘトに。そんな時は、心機一転。心も身体もリフレッシュさせてくれるバスタイムを楽しみましょう。そこで今回は、簡単に作れるバスボム作りを紹介します。バスボムは、シュワシュワ溶ける入浴剤。疲れ具合や気分に合わせたお好みのアロマオイルを使って、楽しいバスタイムをお過ごしください。

川島良子

ネイルサロンRIN NAILS主宰。ネイリスト検定1級取得。都内ネイルサロン勤務を経て2002年に独立。東京・白金と千葉市に、"和"をテーマにお客様にリラックスしていただけるネイルサロンRIN NAILSオープン。東京・婚礼場のブライダルネイルをプロデュースするほか、ネイル講師としても活躍。最近はCMなどのネイルも担当。メイクアップアーティストとしての活動経験もあります。
http://www.rin-nails.com/

(バスボム1つ分)
・重曹 : 大さじ4
・クエン酸 : 大さじ2
・塩 : 大さじ2
・グリセリン : 小さじ4
・アロマオイル : 4~5滴
・ビニール袋 : 1枚
重曹、クエン酸、塩をビニール袋など、密閉できる丈夫な袋に入れて袋の口を閉じます。袋を10回程度振って、材料をよく混ぜ合わせて生地を作ります。
袋の口を開けて、生地にアロマオイルを4~5滴たらします。その後、もう一度袋を閉じて、10回程度振って生地全体にオイルが行き渡るようにします。
生地にグリセリンを小さじ1/2ずつを目安に加えていきます。加えるごとに袋を軽く振って、生地がギュッと固まるような感触になるまで繰り返してください。
固まってきた生地をお好みの容器に移し替え、スプーンなどで押して固めます。オススメは、プリンやゼリーなどの捨ててしまう容器を活用。形もまた、楽しみのひとつです。
容器から取り出して、天気の良い日なら半日、曇りや雨の日は1日乾燥させればできあがり。生地を押し固めたあと30分ほど置いておくと、容器から取り出しやすくなります。
完成したバスボムをお風呂に入れて、壮快バスタイムを満喫。ペパーミントはリフレッシュ、カモミールやラベンダーはリラックスなど、気分に合わせたアロマオイルを使ってみてください。

ちょっと、ひと工夫1 : ジップロック®が便利

材料をボールに入れて混ぜる方法もありますが、ジップロック®を使って混ぜるとこぼれにくく、材料同士がよく混ざり合うのでオススメです。

ちょっと、ひと工夫2 : 容器を工夫して形を楽しむ。

プリンやゼリーの容器はバスボム作りにピッタリ。ほかにも、おにぎりの押し型など、ユニークな形に仕上がるものにも挑戦してみてください。