EnglishChinese
HOME > 技術情報 > 皮革

技術情報 皮革(合成皮革・人工皮革等)

皮革用途での使用 デュラノール™を使用することで、耐加水分解性、耐湿熱性、耐薬品性、耐摩耗性に優れたポリウレタン樹脂が得られ、合成皮革・人工皮革のバインダー、各種皮革の表面処理剤等、皮革用ポリウレタン樹脂の耐久性向上が可能となります。
自動車、家具、靴、衣料、雑貨など、幅広い分野にデュラノール™が使用されています。

デュラノール™の耐加水分解性

PCD系ポリウレタンは、ポリエーテル系やポリエステル系と比較して、分解し難いことが認められます。

100℃の熱水に浸漬したポリウレタンフィルムの分子量変化
100℃の熱水に浸漬したポリウレタンフィルムの分子量変化
拡大する

[ポリウレタン処方] MDI/Polyol/1,4-BDO=2/1/1

デュラノール™の耐熱性

PCD系ポリウレタンは高温で保存した後も高い強度保持率を示します。

120℃で保存したポリウレタンフィルムの物性変化
120℃で保存したポリウレタンフィルムの物性変化
拡大する

[ポリウレタン処方] H12MDI/Polyol/IPDA=2/1/1

デュラノール™の耐薬品性

PCD系ポリウレタンは、ポリエーテル系やポリエステル系と比較して、有機溶剤等による膨潤率が小さいことが認められ、デュラノール™の共重合タイプは特に優れています。

オレイン酸(23℃)に1週間浸漬したポリウレタンフィルムの物性変化
オレイン酸(23℃)に1週間浸漬したポリウレタンフィルムの物性変化
拡大する

[ポリウレタン処方] MDI/Polyol/1,4-BDO=2/1/1

デュラノール™の柔軟性

一般にPCD系ポリウレタンは柔軟性に欠ける傾向がありますがデュラノール™の液状タイプを用いると、柔軟性の付与が可能です。

ポリウレタンの引張試験
デュラノール™の柔軟性
拡大する

[測定条件]
ポリウレタン処方: MDI/Polyol/1,4-BDO=2/1/1
条件:JIS K7311に準じる
テストピース:2mm×60mm短冊
測定機:テンシロン引張試験機

デュラノール™を用いた2液ウレタン塗料の耐摩耗性

PCD系の2液ポリウレタン塗料は塗膜の耐摩耗性に優れます。
PCD系の2液ポリウレタン塗料は塗膜の耐摩耗性に優れます。
拡大する

[測定条件]
塗料処方: Polyol/デュラネート「TPA-100」/Solvent/DBTDL
硬化条件: 80℃×2時間
テーバー摩耗試験条件: 500g, 500 times grinding

デュラノール™と他ポリオールとの相溶性

デュラノール™は一般にポリエステルポリオールとの相溶性は良好です。
アクリルポリオールの場合、その種類によって相溶性に違いがみられます。

ポリオール PCD 組成(ポリオール:PCD)
9:1 7:3 5:5 3:7 1:9
ポリブチレンアジペート
(ポリエステルポリオール)
T5650J
T5652
G4672
G3452
T4692
アクリルポリオール T5650J ○~△
T5652 × × × △~×
G4672 × × × △~×
ポリテトラメチレングリコール
(ポリエーテルポリオール)
T5650J ○~△ × × ×
T5652 × × × ×
G4672 △~× × × ×
[判定] ○:透明  △:濁りあるが均一  ×:分離  (温度:60±3℃)


デュラノール™と溶剤との相溶性

デュラノール™の液状タイプ(T5652・G4672・G3452)は取り扱い性と溶剤溶解性に優れます。

  液状 固形
溶剤/グレード T5652 G4672 G3452 T6002 T4692
トルエン 85 85 80 30 8
DMF 85 85 80 20 20
酢酸エチル 80 80 80 30 10
アセトン 80 80 75 30 20
メチルエチルケトン 90 85 75 40 10
n-オクタン <1 <1 <1 <1 <1
メタノール <1 <1 <1 <1 <1
イソプロパノール <1 <1 <1 <1 <1

旭化成 アルミペースト旭化成 デュラネート旭化成 SBラテックス