HOME > グリコアルブミン測定試薬(ルシカGA-L)> グリコアルブミン(GA)とは?

グリコアルブミン測定試薬 ルシカGA-L

グリコアルブミン(GA)とは?

グリコアルブミンってなぁに?

グリコアルブミンは血糖の管理指標です。
主に糖尿病の検査で使われています。
グリコアルブミンはグリコ(=ブドウ糖)のくっついたアルブミンという意味を持つ言葉です。 アルブミンは体の中で様々な働きをするタンパク質です。
血液だけではなく体中の大切な組織や体液中に存在し、細胞の形を保つ働きやホルモ ン、栄養素、薬剤成分を運搬する大切な働きをしています。
肝臓でつくられたアルブミンの一部は、血液中のブドウ糖とくっついてグリコアルブミンに なります

グリコアルブミンの量は血糖値が低ければ減少し、高ければ増加します。

このページのTOPへ

糖尿病の検査

グリコアルブミンは採血の1ヵ月間(特に直近の2週間前)前から採血時までの平均血糖状態がわかります。

血糖 採血した時の血糖状態がわかります。 血糖値は食事や運動の影響を受けて毎分のように変化します。 グリコアルブミン(GA) 採血の1ヶ月前(とくに直近の2週間前)から採血までの平均血糖値がわかります。 ヘモグロビンA1c(HbA1c) 採血の2ヶ月前から採血までの平均血糖値がわかります。

このページのTOPへ

グリコアルブミンとヘモグロビン(HbA1c)の違いは?

治療を開始すると、HbA1cはゆっくりと少しずつ改善していきます。
一方、グリコアルブミンはすばやく大きく改善していきますので、治療の効果と患者さんの頑張りが、より早く実感できます。

このページのTOPへ

グリコアルブミン(GA)値の目安

グリコアルブミンの値は、糖尿病ではない方では11~16%が目安です。
糖尿病の治療をしている方では、血糖コントロールの目安は以下の表のようになります。

血糖コントロール目標 コントロール目標値 注4)
目標 注1)血糖正常化を目指す際の目標 注2)合併症予防のための目標 注3)治療強化が困難な際の目標
HbA1c (%) 6.0未満 7.0未満 8.0未満
治療目標は年齢、罹病期間、臓器障害、低血糖の危険性、サポート体制などを考慮して個別に設定する。
注1) 適切な食事法や運動療法だけで達成可能な場合、または薬物療法中でも低血糖などの副作用なく達成可能な場合の目標とする。
注2) 合併症予防の観点から HbA1c の目標値を7%未満とする。対応する血糖値としては、空腹時血糖値 130mg/dl 未満、食後2時間血糖値 180mg/dL 未満をおおよその目安とする。
注3) 低血糖などの副作用、その他の理由で治療の強化が難しい場合の目標とする。
注4) いずれも成人に対しての目標値であり、また妊娠例は除くものとする。
日本糖尿病学会・著:糖尿病治療ガイド 2014-2015,p25,文光堂,2014 より引用
血糖コントロールの評価の目標 (弊社パンフレットより)
GA (%) 16.0未満 20.0未満 24.0未満

※ Diabetes Res Clin Pract. 84(3):224-229 (2009) 参照 GA201408-1

 

このページのTOPへ
血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012特設ページ グリコアルブミン情報ファイル
  3週間前から採血時までの平均的な血糖状態がわかるグリコアルブミン検査。
  基礎知識と臨床現場における活用例。
お問合せ