旭化成モーゲージ株式会社 Asahi KASEI
HOME 私たちの考える住宅ローン 商品のご案内 最新金利情報 ご返済中の皆様へ 会社概要
HOME > ロングライフ住宅ローンKコース【フラット35】【フラット50】 商品のご案内
ロングライフ住宅ローン
Vコース 商品のご案内
Vコース商品概要
Vコース手続きの流れ
Vコースお申込みに
必要な書類
 
ロングライフ住宅ローン
Kコース【フラット35】
Kコース【フラット50】
商品のご案内
Kコース【フラット35】
Kコース【フラット50】
商品概要
Kコース【フラット35】
Kコース【フラット50】
手続きの流れ
Kコース【フラット35】
Kコース【フラット50】
お申込みに必要な書類
 
ロングライフ住宅ローン
Kコース・プラス
商品のご案内
Kコース・プラス
商品概要
商品のご案内
ロングライフ住宅ローンKコース【フラット35】【フラット50】 商品のご案内
ロングライフ住宅ローンKコース【フラット35】【フラット50】は、ヘーベルハウスのお客様専用にご用意した長期固定金利住宅ローンです。また【フラット50】は長期優良住宅の認定を受けた住宅を対象にご利用いただくことができます。
将来設計にあわせて、3つのコースからマイベストプランを選択
最大8000万円までお借入可能 ※【フラット50】は最大6000万円までとなります
保証料も繰上返済手数料も不要
親子リレー返済のご利用も可能
親・子が住むための住宅やセカンドハウスもOK
将来お住まいをご売却の際に【フラット50】の債務を購入者に引き継ぐことも可能
【フラット35】【フラット50】は、民間金融機関の融資した住宅ローンを独立行政法人住宅金融支援機構※が譲り受け、そのローンを裏付けとして資金調達を行うという手法を用いた住宅ローン商品の総称です。
 ● 将来設計にあわせて、3つのコースからマイベストプランを選択
Kコースでは、以下の3つのコースをご用意しております。
お客様の将来の生活設計にあわせてお選びください。
コース タイプ 融資手数料
【フラット35】K3コース 全期間固定金利引下げ型 返済年数20年以下は、
借入金額×0.864%
返済年数21年以上は、
借入金額×1.512%
※下限は54,000円となります。
(いずれも消費税込み)
【フラット35】K1コース 全期間固定標準金利型 54,000円
(消費税込み)
【フラット50K1コース 全期間固定標準金利型 54,000円
(消費税込み)
 ● 最大8000万円までお借入可能
【フラット35】の場合、お借入金額は最大8000万円までです。また、所要資金の10割までとなります。
(Sエコ適用の場合)
【フラット50】の場合、お借入金額は最大6000万円までです。また、所要資金の6割までとなります。
それぞれの融資額の上限を満たし、【フラット50】と【フラット35】を併用して所要資金の10割まで借り入れることも可能です
所要資金に含まれるのは、ヘーベルハウスの新築工事資金です。 また、新築に伴って土地を取得する場合には、土地の購入費も所要資金に含めることが出来ます。
 ● 保証料も繰上返済手数料(※)も不要

● 保証料

 
《ある金融機関の場合…》
3,000万円を30年返済で借入の場合
保証料前払方式なら借入時約57万円必要
金利組込方式なら金利が+0.2%アップ
ロングライフ住宅ローン なら不要

● 繰上返済手数料

 
《ある金融機関の場合…》
繰上返済するたびに、
5,400円〜32,400円(消費税込み)
の繰上返済手数料が必要
ロングライフ住宅ローン なら不要(100万円以上の場合)
Kコースの繰上返済手数料は無料ですが、繰上返済できる金額は 100万円以上からとなりますので、ご注意ください。
 ● 親子リレー返済のご利用も可能
親子リレー返済とは、以下の「後継者の要件」に全てあてはまる方を「後継者」にしていただくことにより、
    お申込時に70歳以上の方でもお申込みいただけ、
    お申込ご本人の年齢にかかわらず、後継者の申込時の年齢により返済年数を計算できる
制度です。
 
■ 後継者の要件 (3つの要件全てにあてはまることが必要です)
  1. お申込ご本人の子またはその配偶者で定期的収入のある方
  2. 借入申込時の年齢が70歳未満の方
  3. 連帯債務者となることができる方
 ● 親・子のための住宅やセカンドハウスもOK
 親族居住用住宅
Kコースは、ご両親やお子様などがお住まいになるための住宅を建設する場合もご利用いただけます。
親族居住用住宅には、お住まいになるご親族により、次の2つのタイプがあります。
タイプ お住まいになるご親族の範囲
親入居型 お申込ご本人またはその配偶者の父母や祖父母など
子入居型 お申込ご本人またはその配偶者の子や孫など(その配偶者も含みます。)
ご注意ください!
  住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)のための残高証明書は発行されません。
 セカンドハウス
Kコースは、生活の拠点としている現在のお住まいの他に、週末などにご自分でご利用(居住)する2戸目の住宅を取得する際にもご利用いただけます。
ご注意ください!
  賃貸するための住宅にはご利用いただけません。
住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)のための残高証明書は発行されません。
 ● 将来お住まいをご売却の際に【フラット50】の債務を購入者に引き継ぐことも可能
【フラット50】をご利用された方が、お借入対象のお住まいを売却する際に、そのお住まいを購入する購入者に対して一回に限り【フラット50】の債務を引き継ぐことができます。
本債務を引き継ぐにあたりましては、住宅金融支援機構の審査があり、ご希望に添えない場合があることをご了承下さい。
ページのトップへ
リーガルポリシー プライバシーポリシー 金融商品勧誘方針について サイトマップ
貸金業者登録番号 東京都知事(5)第28462号 日本貸金業協会会員 第000488号 
(C) 2006 Asahi Kasei Mortgage Corporation. All rights reserved.