HOME > アパート経営・土地活用の知恵袋 > 土地と住まいの税金講座 > 小規模住宅用地の減額の特例とは?
土地と住まいの税金講座
不動産の保有にかかる税金

小規模住宅用地の減額の特例とは?

賃貸住宅の場合は、200m2×住戸数の面積の固定資産税、都市計画税が大幅に軽減措置されます。

税負担を軽減する目的から、小規模住宅用地には、固定資産税及び都市計画税の課税標準の軽減の特例措置があります。

小規模住宅用地とは

住宅用地のうち、住戸一戸あたり200m2までの部分を小規模住宅用地といいます。
賃貸住宅の場合は、200m2×住戸数の面積 になるため大幅に税額を軽減できます。

小規模住宅用地の軽減措置

●固定資産税の軽減

  • 200m2以下の部分(小規模住宅用地)→ 課税標準の6分の1に軽減
  • 200m2超の部分(一般住宅用地)→ 課税標準の3分の1に軽減

●都市計画税の軽減

  • 200m2以下の部分(小規模住宅用地)→ 課税標準の3分の1に軽減
  • 200m2超の部分(一般住宅用地)→ 課税標準の3分の2に軽減
資料請求

土地活用や相続対策などの詳しい資料をプレゼント!

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン