HOME > アパート経営・土地活用の知恵袋 > 土地と住まいの税金講座 > 贈与税の申告と納税は、いつまでにしなくてはいけないのか?
土地と住まいの税金講座
相続税と贈与税

贈与税の申告と納税は、いつまでにしなくてはいけないのか?

贈与を受けた年の翌年の2月1日から、3月15日までに、「申告」と「納税」を行う必要があります。

納税期限も、基本的に贈与を受けた年の翌年2月1日から、3月15日までです。
贈与税額が10万円を超え、金銭で一度に納めることが困難な場合、一定の要件を満たした上で延納を申請することができます。
延納が認められた場合、利子税が加算されます。

資料請求

土地活用や相続対策などの詳しい資料をプレゼント!

ヘーベルメゾン実例見学会 詳しくはこちらから

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン