HOME > アパート経営・土地活用の知恵袋 > 土地と住まいの税金講座 > 配偶者への居住用不動産贈与の特例とは?
土地と住まいの税金講座
相続税と贈与税

配偶者への居住用不動産贈与の特例とは?

夫婦間での居住用不動産またはその購入資金の贈与について、最高2,000万円まで配偶者控除ができる特例です。

「結婚してから20年経った夫婦間」で居住用不動産または取得資金の贈与があった場合、贈与税の課税価額から、基礎控除110万円のほかに2,000万円まで控除できるという特例制度です。

贈与財産価額 配偶者控除
(2,000万円まで)
- 基礎控除
(110万円)
×税率 - 控除額 = 贈与税額

※税率は Q贈与税はどのようにして計算するのか? をご参照ください。

配偶者控除の要件
  • 婚姻期間が20年以上であること(内縁関係では認められない)
  • 居住用不動産かその取得資金のいずれかであること
  • 居住用不動産は国内の家屋またはその敷地であること(敷地には借地権も含まれます)
  • 贈与された年の翌年の3月15日までに、贈与された居住用不動産または贈与された金銭で取得した居住用不動産に居住し、かつ、その後も引き続き居住する見込みであること
  • 同じ配偶者から過去にこの特例の適用を受けていないこと
  • 一定の書類を添付して贈与税の申告をすること
資料請求

土地活用や相続対策などの詳しい資料をプレゼント!

ヘーベルメゾン実例見学会 詳しくはこちらから

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン