旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

会社概要

旭化成メディカルについて

医療機器・医療材料技術のパイオニアとして大きく成長

旭化成グループにおける繊維・ケミカル分野の蓄積技術を応用・展開し、中空糸膜・不織布・生体適合材料のアドバンテージを生かして事業成長してきた旭化成メディカル。

市場環境の変換に最適化した組織改編を行いながらも、人工腎臓、血液浄化、輸血関連、製薬プロセスの各分野でつねにトップシェアを獲得し、血液医療分野を切り拓くパイオニアとして成長を続けています。

旭化成メディカル

名称 旭化成メディカル株式会社
代表取締役社長 姫野 毅
創業 1974年7月24日
資本金 30億円
旭化成株式会社 100%
従業員 約2,070名(2016年4月末)
事業内容 医療機器の開発・製造・販売
ダイアライザー(人工腎臓)及び関連商品の開発・製造・販売
血液浄化(アフェレシス)商品の開発・製造・販売
輸血用白血球除去フィルター(セパセル)の開発・製造・販売
生物製剤精製工程用ウイルス除去フィルター(プラノバ)などの開発・製造・販売

※旭化成メディカルMT(株)の事業内容含む

本社 〒101-8101 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
神保町三井ビルディング
主要事業所 東京・埼玉・大阪・名古屋・福岡・広島・高松・仙台・札幌
大分地区(人工腎臓工場、アフェレシス工場、セパセル工場、プラノバ大分工場)、延岡地区(恒富工場、岡富工場、プラノバ工場)、
A-square(アフェレシス・テクノロジー・スクエア)
関係会社

旭化成メディカルヨーロッパ(ドイツ100%子会社)
旭化成メディカルアメリカ(米国100%子会社)
旭化成医療機器(杭州)有限公司(中国100%子会社)
韓国旭化成メディカルトレーディング(韓国100%子会社)
旭化成バイオプロセスヨーロッパ(ベルギー100%子会社)
旭化成バイオプロセスアメリカ(米国100%子会社)
旭化成バイオプロセスシンガポール(シンガポール100%子会社)
旭化成メディカルMT(国内100%子会社)
メテク(国内100%子会社)

国内工場および、関係会社の所在については事業拠点をご覧ください。

旭化成メディカル アクセス情報

  • 東京メトロ半蔵門線神保町駅A9出口より徒歩2分
  • 都営地下鉄新宿線・三田線神保町駅A9出口より徒歩2分
  • 東京メトロ東西線竹橋駅3b出口より徒歩5分
  • 東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅B7出口より徒歩5分
  • JR中央線・総武線お茶の水駅御茶ノ水橋口より徒歩8分

ページの先頭に戻る