旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

CSR

旭化成グループのCSRの考え方と諸活動

旭化成メディカルは、旭化成グループと一体になって、地球環境・地域社会に対する責任を事業活動自体で果たしていきます。

旭化成グループでは、基本理念である「人びとの"いのち"と"くらし"に貢献」を実現し、多様なステークホルダーにとっての企業価値を向上させることが、事業活動を通じての「CSR」であると考えています。

当社グループの事業活動自体が、地球環境・地域社会に影響を与えることを認識し、「コンプライアンスの徹底」「社員の個の尊重」「社会との共生」とともに「レスポンシブル・ケア (RC)の推進」を「CSR重点活動」とし、レスポンシブル・ケア方針を定め事業活動を行っています。

旭化成グループのCSR重点活動(基盤的CSR)

コンプライアンスの徹底 法令・社内規定などの遵守 高い倫理観に基づく行動 地域の文化・慣習、人権の尊重
社員の個の尊重 能力を十分に発揮できる職場 働きがいのある職場
レスポンシブル・ケアの推進 環境保全,保安防災,製品安全 労働安全衛生、健康 社会とのコミュニケーション
社会との共生 公正な情報開示 経営資源を活かした社会貢献

旭化成グループのCSR活動について

旭化成レポートダウンロード(旭化成株式会社)

旭化成グループのCSR活動の詳細については、下記の旭化成株式会社のCSRサイトおよび「旭化成レポート」をご覧ください。

医療事業の活動
私たちのRC(レスポンシブル・ケア)活動

医療事業の信頼と品質を支えるためのRC活動を積極的に推進

旭化成メディカルでは、CSR重点活動である「レスポンシブル・ケア(RC)」を推進するため、「RC推進室」を設置し、医療事業における環境と安全への取り組み、社内および地域社会との円滑で良好な関係づくりを積極的に行っています。

医療機関等との関係の透明性に関する取り組み

旭化成メディカルは、新しく見直した「旭化成メディカルのビジョン」の実現を目指し、様々な活動を行なっていますが、そのためには、多くの先生方や医療機関との連携が必要です。私たちは、医療機器企業としての活動に対するご理解をいただき、より透明性を高めるために「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」を制定し、医療機関等または医療関係者に対して金銭等の提供を行った場合について、本指針の定めに従いその情報を公開することといたしました。
医療機関、医療関係者の皆様におかれましては、本趣旨につきまして、ご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

臨床研究に関するポリシー

旭化成メディカルは、患者様にとってより良い医療機器を提供するために、日々医療機器の研究開発に取り組んでいます。

臨床研究は、医療機器の研究開発に欠かすことができないものであり、被験者の方々、医療機関等のご協力により、実施することができるものですが、被験者の安全確保・個人情報保護など、種々の倫理的配慮が不可欠です。

旭化成メディカルは、当社が関与する臨床研究について、被験者の福利を優先し、研究の倫理的妥当性・科学的合理性・信頼性の確保を実現するため、「臨床研究に関するポリシー」を制定しました。

このポリシーを実践するため、旭化成メディカルが臨床研究に関与する際には、社内の臨床研究に関する諸規程・手順書を遵守し、臨床研究の主管部署から独立したメディカル・アフェアーズ委員会(2015年4月1日発足)等において審査することとしています。また、臨床研究に関する教育を役員・従業員に対して、継続して行っています。

臨床研究に関するポリシー

動物実験に対する取り組み

旭化成メディカルは、患者様にとってより良い医療機器を提供するために、日々医療機器の研究開発に取り組んでいます。

医療機器の有効性・安全性を予測するため、また品質を保証するためには動物実験を行うことは必要不可欠ですが、命ある動物を用いることに鑑み、動物福祉の観点並びに科学的合理性に基づいた適正な実験が実施されなければなりません。

このため当社では、以下の法令等やガイドラインを踏まえた動物実験等の実施に関する規程を定め、動物実験委員会を設置して動物実験の適正実施を図っています。
・「動物の愛護及び管理に関する法律」
・「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」
・「動物の殺処分方法に関する指針」
・「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」
・「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」

動物実験委員会は、以下の「3Rの原則」に則って動物実験が計画されているかを審査し、かつ実施されていることを確認しています。
・代替試験法の採用 (Replacement)
・実験動物数の削減 (Reduction)
・苦痛の軽減 (Refinement)
また、動物実験を外部に委託する際にも、動物福祉に配慮した適正な実験が実施されることを事前に確認しています。

動物実験関係者に対しては、動物実験及び実験動物に関する教育訓練を年1回以上行い、適正な動物実験の実施並びに実験動物の適切な飼養及び保管に関する知識を習得させ、資質の向上を図っています。

動物実験及びその関連活動が、法令等や社内の動物実験等の実施に関する規程に適合しているか否かについては、定期的な自己点検を実施しています。

今後は、適切な動物実験が行われていることを客観的に示すため、社外の機関による検証を実施することを目指していきます。

ページの先頭に戻る