旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

事業紹介

私たちは、旭化成グループとして培ってきた豊富な基礎技術、研究開発などを応用・展開した革新的な製品とサービスで、人工腎臓、血液浄化、輸血安全、製薬プロセスのパイオニアとして、各分野を切り開き、つねにトップシェアを獲得してきました。信頼の品質、確かなサービスで、医療や製薬の進展に貢献し、成長を続ける私たちの取り組みをご紹介します。

血液透析事業

透析治療機器のグローバルリーダーとして、「透析治療の限りなき進歩」 に貢献する。

血液透析事業について

1974年、総合繊維・化学メーカーとして長年蓄積してきた独自のセルロース繊維技術をベースに中空糸型透析膜の開発に成功、製造・販売を開始しました。以来、国内外における透析治療の普及と発展に応えるため、ダイアライザー、透析関連治療機器の技術と品質信頼性の向上に努めてきました。現在、主力製品であるダイアライザーは国内ではトップシェアを維持し、早くから積極的に進出した海外においては世界70ヶ国以上で使用されています。

世界のパイオニアとして歩んできた血液透析事業は、旭化成グループの医療事業を支える基盤事業とも言えます。ここで得た「膜分離」「吸着分離」などの技術と知見は、アフェレシス療法輸血用血液製剤の安全性向上等の先端医療技術の開発・普及に活用されています。

アフェレシス事業

アフェレシス(血液浄化)療法を世界に広め、難病治療に新しい選択肢と可能性を提供する。

アフェレシス事業

アフェレシス事業は、旭化成グループの透析事業を母体として培われてきた、世界最先端の「膜分離」「吸着分離」の技術プラットフォームを活かし、「血液」に関する豊富な経験とノウハウと高度に融合させて構築したアフェレシス療法を提供しています。

私たちのアフェレシス技術は、70年代後半、劇症肝炎の治療を目的とした膜によって血球と血漿とを分離する単純血漿交換に始まり、80年代半ば、血漿成分から疾患に関係する物質を選択的に吸着・除去する世界初の血漿成分分離・吸着技術へと発展しました。このアフェレシス技術の発展によって適応疾患は飛躍的に拡大。90年代前半に保険適用が広がったことにより、難病治療の新たな選択肢として、アフェレシス治療の価値はさらに高まりました。

アフェレシス事業が製造・販売する製品群は、30以上もの疾患に対して保険適用されており、国内外市場でトップシェアを獲得しています。“アンメット・メディカルニーズ(未解決の医療課題)”への新たな解を追求する旭化成グループの医療事業において、「難病治療の選択肢を広げる」という価値を提供しています。

輸血関連事業(輸血フィルター事業)

世界の「輸血安全」を向上させ、医療の信頼と期待に応える。

輸血関連事業(輸血フィルター事業)

セパセル事業(輸血フィルター事業)は、旭化成グループの人工腎臓事業を母体として培われてきた、世界最先端の「膜分離」「吸着分離」の技術プラットフォームを活かし、主要領域である「血液」と高度に融合させて構築した血液浄化技術から派生。より安全な輸血製剤の供給を可能にすることを目的とし、世界で初めてポリエステル系の「不織布」を用いて、白血球成分の捕捉・除去技術を開発。白血球除去フィルター「セパセル」として製品化されました。

80年代半ば、セパセル導入期の適用として、地中海周辺地域にみられたサラセミア(ヘモグロビン異常による溶血性貧血)に対する頻回輸血において、他人血の白血球が引き起こす免疫反応などの輸血副作用に注目が集まります。90年代に入り、感染血液事件などを契機に欧州主要国で安全な血液に対する需要が高まると、白血球除去フィルターの市場も急速に拡大。優れた性能のセパセルは、フランスを起点にまず欧州で、次いで米国でも市場トップとなり、その実績をもって日本でも市場第1位に。輸血用血液製剤の品質・安全性を確保する高品質・高性能の白血球除去フィルターとして血液バッグのグローバル・トップメーカーに採用されるなど、世界でトップのシェアを維持しています。

製薬プロセス事業(バイオプロセス事業)

生物学的製剤の安全性を高め、高品質の医薬の普及に貢献する。

製薬プロセス事業(バイオプロセス事業)

バイオプロセス事業は、旭化成グループが独自に洗練させてきた世界最先端の技術プラットフォームを活かし「血液」の分野での豊富なノウハウと膜分離技術を高度に融合させて開発した、世界初・唯一のセルロース膜によるウイルス除去用フィルター「プラノバ」の製造・販売事業を起点としています。

血漿分画製剤バイオ医薬品などの製造工程におけるウイルス除去フィルターとして実用化された「プラノバ」は、当初は事業採算性の困難もあったものの、顧客などからの要請により事業存続に。その後、国内外の血漿分画製剤/バイオ医薬品メーカーに採用され、現在では世界中から高い評価を得ております。その後「バイオプロセス事業」へとビジネス拡張をはかり、メディカル事業の成長戦略における飛躍的成長のエンジンとして期待されています。

ページの先頭に戻る