旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

血液の構成成分

血液は人間の体重の約8%を占め、性別などによる個人差はあるものの、成人の場合、体重1kgあたり約80mLが血液とされています(例:体重60kgの人なら血液の総量は5L弱)。また血液は赤血球、白血球、血小板からなる細胞成分(血球)と液体成分(血漿)から成り、細胞成分45%:血漿成分55%という割合で構成されています。

血漿はさまざまな物質を含んだ濃度10%ほどの溶液で、うすい黄色をしています。この主成分は多様なタンパク質で、その他に微量の電解質、糖、脂質などを含んでいます。血漿から血液凝固に関わるタンパク質(フィブリノゲンなど)を除いたものを血清と呼びます。

役割と機能のバランス

血液は私たちの生命を維持するために欠かすことのできない、さまざまな役割を果たしています。ふだんは血球や血漿などの構成要素が最適な機能バランスを保っていますが、その量や質に異常が起こって均衡が崩れると、深刻な病気の原因になることがあります。

一方で、そのしくみとはたらきをさらに解明し、それぞれの細胞や成分の働きを利用することで、病気の原因を直接取り除いたり、治療しやすい体内環境へと整えることができるのです。

患者さま・ご家族の皆さま

一般の方向けの治療法紹介や、旭化成メディカルの治療への取り組みを紹介しています。

私たちが携わる疾患

各疾患の概要とそれに適応する治療法についてご紹介します。

治療法について

私たちの生命活動を支える血液のはたらきと、それを利用した治療法についてご紹介します。

病気の治療方法や弊社の医療機器の具体的な治療効果に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る