旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

アフェレシス治療とは

血液には、からだにとって不要なだけでなく、病気の原因となるような有害な物質が含まれることもあります。そこで、血液中のそうした物質を取り除くことで病気の治療に役立てようという発想から生まれたのが「アフェレシス治療」と呼ばれる血液浄化療法です。

アフェレシス(apheresis)とは、ギリシア語に由来する言葉で、英語では"taking away"、日本語では「分離」「取り去る」を意味する医学用語です。

現在では、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患をはじめ、神経疾患、脂質異常や慢性C型ウイルス肝炎など、様々な疾患に適用されています。とくに、有効な治療法がない難病治療の分野や、副作用などの影響で医薬品での治療が困難な症例などに大きな貢献が期待されています。

副作用が少ない「引き算」の治療法

薬物療法は薬物を体に加える「足し算」の治療法であるのに対し、アフェレシスは体から不要な物質を除去する「引き算」の治療とも言われます。これまでとは違う発想の治療法であるため、既存の医薬品や治療法だけでは効果が十分に得られない難病の解決策として有望視されています。

また、薬物療法とは異なり、本来は体にとって「異物」である薬物を体の中に入れないことから、比較的副作用の少ない治療法です。小児や妊産婦など、薬剤投与の制限を受ける患者さまにとっても、からだへの負担を軽減しつつ効果が得られる治療として期待が寄せられています。

除去技術の向上で広がる治療の可能性

アフェレシス治療の適応疾患は、すでに多くの消化器疾患、腎疾患、皮膚疾患、神経疾患、臓器移植、敗血症などに広がっており、現在は30以上もの適応疾患があります。

それぞれの疾患に応じて、特定の病因物質除去のための選択的吸着剤を用いた治療や、顆粒球やリンパ球を除去する白血球除去療法などをはじめ、既存の治療法との相乗効果を狙った、新たなアフェレシス治療も開発されています。

有害物質を取り除いた血液をからだに戻す

基本的な治療のしくみは、血液を専用の医療機器を使って体外循環させ、「膜分離」と「吸着分離」という方式の異なる技術を組み合わせて、血液中からそれぞれの疾患の病因関連物質(自己抗体、有害代謝物、中毒性物質、異常タンパクなど)や、細胞(白血球、血小板など)、ウイルスを除去し、きれいにした血液を再び体内に戻すというものです。

疾患・症状によって除去の対象となる物質や方法は変わりますが、血液から特定の物質を取り除いて治すという基本的なしくみは同じです。

体外循環させた血液中から過剰または不要な物質(病因物質など)を除去。浄化され、本来の状態にした血液を再び体内へ戻す。
<病因関連物質>自己抗体、炎症性物質、有害代謝物、中毒性物質、異常タンパクなど
<細胞>白血球、血小板など
<ウイルス>C型肝炎ウイルスなど

患者さま・ご家族の皆さま

一般の方向けの治療法紹介や、旭化成メディカルの治療への取り組みを紹介しています。

私たちが携わる疾患

各疾患の概要とそれに適応する治療法についてご紹介します。

治療法について

私たちの生命活動を支える血液のはたらきと、それを利用した治療法についてご紹介します。

病気の治療方法や弊社の医療機器の具体的な治療効果に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る