検索する

ごあいさつ

旭化成ホームズ株式会社
代表取締役社長

川畑 文俊

私たち旭化成ホームズは、1972年に旭化成グループの住宅会社として誕生しました。日本が高度成長を実現した昭和40年代、それまで日本になかったALCコンクリート「ヘーベル」を建築材料として導入。都市化が著しく進展し、従来にも増して耐震・耐火・耐久性に優れた住まいが求められる中、私たちはその期待に応えることを使命と考え、どこよりも安心・安全な住まいを目指して「ヘーベルハウス」を発売しました。

以降、主に都市部を中心に、住宅を通じて安心で豊かな暮らしを実現することを掲げ、住宅の長期メンテナンスプログラム制定、制震構造の採用、リフォーム事業や不動産開発・流通事業の拡充を通じて良質なストックの形成を目指してきました。

当社は本年、創業から50周年を迎えますが、私たちを取り巻く環境は今、人生100年時代の到来や、コロナ禍を背景とした在宅時間の増加、そして世界的な気候変動危機による水災害の頻発など、急激な変化を遂げようとしています。そうした時代の転換期は、節目の年を迎え新たな時代の一歩を踏み出す当社にとって、これまで培ってきた事業に加え、新しい分野にも挑戦しながら、様々な社会課題の解決に貢献していく大きなチャンスでもあると考えております。

当社は、人びとの「いのち・くらし・人生」全般を支え続ける「LONGLIFE」な商品・サービスの提供に努めております。いまを生きる人びとのくらしそのものを見つめ、そしてそれを引き継いでいく次世代のくらしに思いをはせながら、長く、安心して、そして豊かに暮らし続けるために必要な商品やサービスを提供し続けたいと考えております。その考え方は、世界中の人々が豊かな人生を紡ぎ続けるサステナブルな環境を創り上げていくという、世界共通の認識につながるものと考えております。当社はこれからも、事業活動そのものを通してサステナブルな社会の実現に貢献していくことで、世の中に必要とされ、感謝され続ける企業を目指してまいります。