印刷はこちら

ダウンロードはこちら

News Letter
2018年8月27日
旭化成不動産レジデンス株式会社

熊本地震の被災分譲マンション建替え第1号
復興を目指し「上熊本ハイツ建替え事業」起工式開催
~旭化成では九州初のマンション建替え「アトラス上熊本」着工~

   旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池谷義明)が参加組合員として参画する、熊本県熊本市の「上熊本ハイツ建替え事業」は、熊本市による公費解体を完了し、8月27日に無事起工式を執り行いましたのでお知らせします。熊本地震における被災マンションのうち住民が主体となって再建を行うマンションとしては第1号※1ですが、今回の本体工事により、2020年4月の竣工に向けて力強く復興の第一歩を踏み出しました。

  「上熊本ハイツ」は、2016年4月に発生した熊本地震によって団地全体が熊本市の罹災証明で全壊とされたマンションです。住民による積極的な建替え推進活動のほか国や県の協力を得た熊本市の尽力により異例のスピードで建替え決議が成立し、早期再建をスタートすることができました。

   再建後の建物は、「アトラス上熊本」の名称で14階建1棟(184戸)の大規模マンションとして生まれ変わります。当社はこれまでも高経年マンションの建替え事業に尽力して参りましたが※2、九州では初のマンション建替え事業となります。復興のモデルケースとなるような防災・備災に優れた計画を住民の皆さまと共に推進して参ります。

(※1)不動産経済研究所調べ  (※2)本事業は当社のマンション建替え着工累計で32件目のプロジェクトとなります



Ⅰ.再建後マンション「アトラス上熊本」概要

■所在地:熊本県熊本市西区上熊本一丁目215番地5(地名地番)
■交通:JR鹿児島本線「上熊本」駅徒歩8分
■事業主:上熊本ハイツマンション建替組合(理事長:福田司明)
■参加組合員:旭化成不動産レジデンス(株) (本社:東京都新宿区/代表取締役 池谷 義明)
■基本計画・デザイン監修:(株)日建ハウジングシステム
■基本・実施設計、監理:(株)雅禧建築設計事務所
■施工:(株)福田組 九州支店
■全体概要:

■特徴:熊本城の北側に位置する市中心部へも近い至便な立地と、東西に長い約7,000㎡の広大な敷地を活かした全戸南向き設計が特徴です。
販売住戸は1LDK~4LDK(40~90㎡台)の全17タイプのプランを用意し、幅広い家族層に向け販売いたします。


Ⅱ.これまでの経緯とスケジュール

 
2017年 10月
  建替組合設立認可申請
  2017年 11月
  解体工事着手(熊本市による)
  2017年 12月
  建替組合設立認可
  2018年  1月
  建替組合設立総会
   
2018年  7月
  権利変換計画認可
  2018年  8月
  本体工事着手
  2018年 10月
  販売集客開始(予定)
  2020年  4月
  竣工(予定)

※上熊本ハイツ建替え事業の詳細経緯は2018年2月リリース https://www.asahi-kasei.co.jp/file.jsp?id=532957 をご参照ください。

Ⅲ.建設地案内図


<「アトラス上熊本」販売情報HP>
https://www.afr-web.co.jp/atlas/mansion/kamikumamoto/index.html/
現地モデルルームオープンは本年10月下旬を予定しています

<本件に関するお問い合わせ先>

〒160-8345 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
旭化成ホームズ㈱ 旭化成不動産レジデンス㈱ 広報室
(電話)03-3344-7115 (FAX)03-3344-7050 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

TOPへ戻る