印刷はこちら

ダウンロードはこちら

News Letter
2019年3月26日
旭化成不動産レジデンス株式会社

~旭化成初の建替えによる商業専用ビル~
「AETA(アエタ)町田」、商業施設が集積する町田駅前に竣工

旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池谷義明)が当社にとって初の商業専用ビルへの建替え事業として進めて参りました「(仮称)原町田6丁目商業ビル建替え事業」が、3月28日に名称を「AETA(アエタ)町田」として竣工致しますのでお知らせ致します。


本事業は、老朽化した区分所有の商業ビルを、旭化成不動産レジデンス㈱が事業主となり、地権者との共同事業(等価交換)により建替えました。一般的に第三者に売却等をする保留床を当社が全て保有した上でテナントに貸し出し、完成後のビル管理も弊社グループ会社である旭化成不動産コミュニティ(株)を中心にサポート致します。


今回再建される「AETA(アエタ)町田」の建物としての特徴は、外装を全面ガラス張りとすることで町田駅前の商店街の夜に輝くランタンをイメージモチーフとしており、巨大ターミナル「町田駅」周辺の商業施設として地権者の方々および周辺エリアの活性化に貢献する計画となるよう工夫いたしました。ビル名称については、人と人、人とモノが楽しく出会うことを願って「AETA(アエタ)町田」と命名いたしました。既に全フロアのテナントが決定しており、5月初旬から随時オープンいたします。


当社の都市開発事業は、事業用地を購入取得して開発する一般的デベロッパーと異なり、マンション建替えや市街地再開発事業など、地権者と共に行う開発事業が中心であることが特徴です。これまでは、住宅メーカーである旭化成ホームズグループの強みを活かすために、再建される建物が住宅系である案件を中心に事業を進めて参りましたが、今回の事業をきっかけに今後は商業系案件についても、積極的に取り組みを進めて参ります。


Ⅰ.「AETA町田」建物外観写真




Ⅱ.「AETA町田」地図




Ⅲ.建替え事業の概要

■所在地:東京都町田市原町田 6丁目9番8号
■交通:小田急線町田駅、JR横浜線町田駅 徒歩2分 
■建替え事業手法:等価交換方式 
■建替え経緯
   従前は、商業ビルとして運営されていた権利者6名による築36年の区分所有建物で、経年により大規模修繕と建替えの両案が検討されていました。当初、住宅との複合用途建物への建替えも検討しましたが、住宅の導線分離などプラン上の課題や、駐車場の附置義務などのため、権利者のご要望を満たせる計画が難しい状況でした。そこで、駅前の好立地であることも鑑み、テナントニーズなども調査したところ、商業ビルから商業ビルへの等価交換事業が成立すると判断。全員合意で本計画が決定されました。



Ⅳ.再建後の商業ビル「AETA町田」の概要及び入居予定テナント

・5月上旬より随時テナントオープン予定です。
・旭化成不動産レジデンス㈱の保有は3階~8階です。


<本件に関するお問い合わせ先>
〒101-8101 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
旭化成ホームズ株式会社 広報室
(電話)03-6899-3010 (FAX)03-6899-3400 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp
TOPへ戻る