印刷はこちら

News Release
2019年11月7日
旭化成ホームズ株式会社
HEBELHAUS

建物定期点検サービスの60年間無償化を決定
過去供給物件も2020年4月から対応予定

旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都 千代田区、代表取締役社長:川畑文俊)は、当社の供給する戸建住宅「ヘーベルハウス」、及び賃貸住宅「へーベルメゾン」について、本年11月1日からの新築請負契約を対象に、お引き渡し後の定期点検サービスの無償提供期間を、従来の30年間から60年間に延長いたしますので、お知らせします。
なお、過去に供給した物件や11月1日以前の契約物件についても、2020年4月を目途に体制を整え、35年目以降の点検を迎えるお客様に、当社から点検の案内をお送りし、希望に応じて無償で対応する予定です。

1972年の創業以来、これまでに供給した全ストックは約28万棟となります。それら全ストックを対象に、従来の60年点検システムでは、初回点検から30年目の定期点検まで無償で実施し、それ以降の定期点検については、希望者を対象に有償で実施してまいりました。
しかし、現在、当社の供給したヘーベルハウス・へーベルメゾンで、築30年を超えるお客様が約5万棟に達し、いよいよ、ライフスタイルの変化に応じた改装リフォームや、所有者の世代替わりによる住み替えなど、お客様へのサポートが本格的に必要となってきています。社会の成熟化を背景に、住宅政策もストック重視に舵を切る中、当社は、お客様に対する接点を、より永く確かなものとすることが必要と判断いたしました。

当社は、お客様の「いのち・くらし・人生」全般を支える「LONGLIFE(ロングライフ)」を追求し、新築でヘーベルハウス・へーベルメゾンをお建ていただくお客様はもちろん、ストックヘーベルハウス・へーベルメゾンにお住まいになるお客様も含め、すべてのお客様に、安心で快適な生活をサポートできるよう応えてまいります。

<本件に関するお問い合わせ先>
〒101‐8101 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
旭化成ホームズ株式会社 広報室
(電話)03-6899-3010 (FAX)03-6899-3400 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

TOPへ戻る