印刷はこちら

ダウンロードはこちら

News Release
2020年1月9日
旭化成ホームズ株式会社

HEBELHAUS

洗練された造形美を追求した新外観のヘーベルハウス誕生
「FREX AXiii(フレックスアクシー)」新発売
~へーベルハウス史上最も繊細な彫りの外壁で外観デザインを強化~

旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都 千代田区、代表取締役社長:川畑 文俊)は、重量鉄骨商品のラインナップ拡充のため、新商品「FREX AXiii※1(フレックスアクシー)」を2020年1月9日より発売します。

「FREX AXiii(フレックスアクシー)」は当社が30年以上の販売実績を持つ重量鉄骨システムラーメン構造特有の力強さと、ALCコンクリート・ヘーベルが持つ量塊感を、一層引き立たせるような外観を目指して開発した商品です。
   その特徴は、外観デザインを立体的な罫線※2に沿って設計することで、機能的・合理的な美しさを表現し、歴史的に普遍的なデザインとされているモダニズム建築※3を彷彿とさせるファサードを実現したことです。その特徴を際立たせる新しい外壁デザインとして、約300ミリ角の格子柄をベースに、これまでで最も細密なストライプラインの彫りをいれることで、繊細な質感を表現した新外壁デザイン「マイクロストライプ」を開発しました。また、外壁色には、ヘーベルハウス史上最も明るい白色「トバモリーホワイト」を新たに開発。ALCコンクリート・ヘーベルの原点となる天然鉱石「トバモライト石」が持つ純度の高い白をモチーフにした、艶を抑えた無垢な白色です。ALCコンクリート・ヘーベルの繊細な彫りの陰影を際立たせ、規則正しく並ぶシンプルな箱型の外観デザインとも調和します。また、下階から最上階までをつらぬくスリット窓「ウォールディバイダ」を、外観にアクセントを加えるアイテムとして新たに開発しました。

当社は人びとの「いのち・くらし・人生」全般を支える「LONG LIFE(ロングライフ)」な商品・サービスの提供を追求することで、長く、愛され続ける企業を目指しております。機能的かつ美しい住まいを実現する今回の新商品を提案することで、時代を超えて人と街に愛されるLONGLIFE(ロングライフ)な住まいの設計を目指し、サステナブルな街(都市)の実現に貢献してまいります。


※1:AXiii・・・AXiiiは「立体3軸」の意。「X軸×Y軸×Z軸」を英訳した「AXis(X)×AXis(Y)×AXis(Z)」の略。
※2:立体的な罫線・・・縦・横・高さの3方向に、それぞれ等間隔に引かれた直線(罫線)。この3方向の罫線により構成されるマス目状の空間をベースに設計。
※3:モダニズム建築・・・産業革命以降の工業化社会を背景に、1920年代に成立した機能的、合理的な造形理念に基づく建築。モダニズム建築の多くは装飾のない直線的構成を持つ立方体を特徴とし、機能的・合理的で、地域性や民族性を超えた普遍的なデザインとされた。

Ⅰ.開発の背景

当社はこれまで、主に都市部を中心に住宅事業を展開してきました。そうした地域特有の災害発生時の防災面において「ヘーベルハウス」の鉄骨構造の耐震性と、ALCの耐火性を強みとしてきました。一方で当社は1998年に「ロングライフ住宅の実現」を宣言して以来、長く安心して暮らせる住まいの提供を追求してきており、2019年には、その考え方を人生100年時代に多様化した価値観や住まいのあり方に合わせ、お客様の「いのち・くらし・人生」全般を支える新しい「LONG LIFE」を目指すことを宣言し、持続可能な住まいや街づくりを目指しております。都市部を中心に住まいを提供する当社にとって、街の中に建つ「ヘーベルハウス」が、建物単体での耐震・耐火性だけでなく、街並みに溶け込み、長く街の景観を保ち続けられるロングライフなデザインを提供することも必要と考えてきました。そのため今回、機能的・合理的で、普遍的なデザインであり続けるとされるモダニズム建築の思想を取り入れることで、持続可能な街づくりに貢献したいと考えました。

Ⅱ.新商品「FREX AXiii(フレックスアクシー)」の特徴

建物全体を独自比率の立体的な罫線に沿って設計することで、華美な装飾を排除し、機能的な美しさを備えたモダニズム建築の思想を取り入れた外観を表現。住まい手の暮らしにとって必要な窓やバルコニーを配置しても、ベースとなるファサードの美しさを損なわないデザインを実現しています。さらに新商品が醸し出す機能美を際立たせる新仕様として新外壁デザイン「マイクロストライプ」、新外壁色「トバモリーホワイト」を開発。さらに、外観にアクセントを加える新窓「ウォールディバイダ」を開発しました。


1)立体的な罫線を体現した外壁デザイン「マイクロストライプ」

罫線を強調する約300ミリ角の格子柄をベースに、過去のヘーベルハウスにはない細密なストライプラインを彫りこむことで、繊細な質感を表現し大判タイル貼りのような高級感と美しさを醸し出します。ヨーロッパ建築にも大きな影響を与えた日本建築の正方形デザインを彷彿とさせる規則正しく連なるラインが、外観の美しさを際立たせます。


2)ヘーベルハウス史上最も明るい白色の外壁吹付色「トバモリーホワイト」

ヘーベルハウスの代表的な外壁色である「白色」のラインナップに、ALCコンクリート・ヘーベルの原点となる、数万年の歳月を経て形成する自然界の鉱物「トバモライト石」が持つ高純度な白色を表現。ごまかしがきかず、表現が難しい純度の高い白色塗装を、光沢を抑えたマットな質感で再現しています。



3)新窓「ウォールディバイダ」

へーベルが持つ量塊感を損なわず、壁のボリュームをコントロールするように分離するスリットの役割を持つ「ウォールディバイダ」。洗練されたデザインを保ちながら、外観にアクセントを与える役割を担います。





Ⅲ.商品概要

 ■構    造:
重量鉄骨システムラーメン構造
 ■販売地域:
関東、東海、関西、山陽の一部、九州北部
 ■販売目標:
(年間)200棟
 ■発 売 日:
2020年1月
    商品WEBサイト  
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lp/frex-axiii/index.html/






<本件に関するお問い合わせ先>
〒101‐8101 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
旭化成ホームズ株式会社 広報室
(電話)03-6899-3010 (FAX)03-6899-3400 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

TOPへ戻る