• HOME
  •  ニュースリリース 

印刷はこちら

News Letter
2020年8月21日
旭化成ホームズ株式会社
HEBELHAUS

第14回キッズデザイン賞受賞
セミオーダースタイルの家づくり「my DESSIN(マイデッサン)」

~現代の子育て世代にマッチした打ち合わせ手法とプロセレクトのプラン・仕様~

旭化成ホームズ(株)(本社:東京都 千代田区、代表取締役社長:川畑 文俊)は、セミオーダースタイルの家づくり「my DESSIN(マイデッサン)」が、8月21日に発表された特定非営利活動(NPO)法人キッズデザイン協議会主催の「第14回キッズデザイン賞」を受賞しましたので、お知らせします。

本商品は、忙しい子育て世代でも納得できるセミオーダースタイルの家づくりを目指しています。ミレニアム世代を中心とした現代の子育て世代は、忙しく毎日を過ごすなかで「効率的に住まいづくりをしたい」と思うと同時に「自分たちのこだわりを形にするためプロのアドバイスも欲しい」という要望も抱えています。
   そうしたニーズに応えるために、「my DESSIN」では場所や時間を問わず好きなタイミングで打ち合わせ出来る「スマートミーティング」という手法を採用したほか、子育て世代が暮らしやすいという観点でプロが選び抜いたプラン・仕様を盛り込んだ「プロライン・プロセレクト」を用意しました。



■キッズデザイン賞とは
「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・空間・サービス・活動・研究の中から優れた作品を選び、社会に発信していくもの。
(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、内閣府、消費者庁)

■受賞部門:「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」とは
子どもや子育てに関わる人々に寄与する製品、建築・空間、サービス、活動、研究など。妊娠・出産・子育てに関わる人が利用する製品、建築・空間、サービス、活動、研究において、安全かつ楽しく育児に取り組める工夫がなされたもの。保育園、学校、自治体、地域などで利用されるものも含む。また、子育て期の男女が、育児や仕事、地域との交流などに積極的に参加するための新たな発想、工夫、手法があるもの。
https://kidsdesignaward.jp

「my DESSIN(マイデッサン)」の特徴

Ⅰ.子育て世代へのヒアリング・実態調査をもとに、お客様の採用実績が多い(=定番で使い勝手が良い)外観・プラン・仕様を一級建築士が選定し提案

外観バリエーション


プラン バリエーション


Ⅱ.忙しい子育て世代でも効率的に打ち合わせが出来る打ち合わせシステムを採用

スマホやPCで設備仕様の確認および外壁デザイン・色のシミュレーションが出来るシステム「EST(エスト)」や、間取りをVRで体感できるバーチャルモデルハウスサイトを採用

「EST(エスト)のお客様用マニュアル」


バーチャルモデルハウス(内部)

<ご参考>
・詳細は商品紹介HPをご覧ください。

https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lp/mydessin/index.html/

以上

<本件に関するお問い合わせ先>
〒101‐8101 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
旭化成ホームズ株式会社 広報室
(電話)03-6899-3010 (FAX)03-6899-3400 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

TOPへ戻る