プラントエンジニアリング吸着技術

処理水のフッ素濃度を環境基準値レベル(0.8mg/L)にします。

吸着技術フロー

特長

  • 凝集沈殿処理だけでは達成できない高度処理が可能です。
  • この吸着剤は化学工場、半導体工場、火力発電所などの排水中のフッ素処理を中心に、国内で数多くの実績があります。
  • 粒状樹脂ですのでハンドリングが簡単です。
  • 樹脂の再生が可能で経済的です。

吸着樹脂(READ-F)の仕様

形状
:淡黄色の粒状(平均粒径=0.7mm)
比重
:1.8~1.9
使用pH
:3.0~3.5
耐用温度
:50℃以下
吸着体
:含水酸化セリウム

適用事例

ポイント「ここが重要!」

AECでは以下の重要ポイントに対して最適プロセスを提案いたします。

  • 排水中の成分(SS、Al、PO4など)によっては性能が低下する場合があるため、前処理が必要となります。
  • 吸着樹脂(READ-F)は30mg/L以下のフッ素イオンしか処理できないため、それ以上の場合は凝集沈殿処理設備などを組合せる必要があります。
  • 吸着樹脂(READ-F)の再生排水は、高濃度のフッ素を含有しているため、処理をする必要があります。

ページ上部へ

商品・サービスに関するお問合せ(営業統括部)
お電話・FAXでのお問合せ
  • TEL 044-382-4611
  • FAX 044-382-4623
メールフォームでのお問合せ

お問合せフォーム