プラントエンジニアリング触媒酸化式排ガス処理技術

排ガス中のVOCを触媒で酸化分解し、脱臭します。

触媒酸化式排ガス処理フロー

  • 廃熱回収装置、昇温装置、反応器から構成されます。
  • 排ガスは廃熱回収装置で予熱されます。
  • 予熱された排ガスは昇温装置で所定温度まで加温されます。
  • 加温された排ガスは反応器内で触媒作用により酸化分解され、排出されます。

特長

  • 一般的にVOCガスは、250~350℃の低温で分解を開始します。
  • 排ガス中のVOC濃度によっては自燃可能となり、昇温のための助燃料は不要になります(トルエンの場合、800mg/Nm3以上)。
  • 昇温装置は助燃料バーナーだけではなく蒸気ヒーターや電気ヒーターなども使用できます。
  • 設備はコンパクトでランニングコストも低くなります。
  • 設備の立上げ、立下げが容易です。

適用事例

  • 化学工場等の製造プロセス排ガス・ベントガス
  • 乾燥機や塗工機の排ガス
  • 曝気槽の排ガス

ポイント「ここが重要!」

AECでは以下の重要ポイントに対して最適プロセスを提案いたします。

  • 触媒被毒物質など、触媒性能を低下させる物質が含まれる場合は注意が必要です。
  • 高濃度のガスを処理する場合は、シンタリングに注意する必要があります。
  • 触媒被毒の程度や分解率はフィールドテスト装置で導入前に確認する必要があります。
  • 導入後も定期的に触媒の活性評価が必要です。

CCS

ページ上部へ

商品・サービスに関するお問合せ(営業統括部)
お電話・FAXでのお問合せ
  • TEL 044-382-4611
  • FAX 044-382-4623
メールフォームでのお問合せ

お問合せフォーム