プラントエンジニアリング活性炭吸着によるVOC処理技術

排ガス中のVOCを酸化分解し、脱臭します。

  • 活性炭の吸着作用により、排ガス中の溶剤成分を吸着し、悪臭を防止します。
  • 活性炭に吸着された溶剤は、水蒸気などにより脱着後、回収します。
  • 回収した溶剤は、ご要望に応じて精製再利用も可能です。

特長

  • 一般の溶剤はもちろんのこと、塩素系溶剤でも処理可能です。
  • 対象となる溶剤成分や運転条件に合わせて、最適なタイプの活性炭を選定しシステムを提案いたします。
  • 活性炭吸着技術、蒸留技術、生物処理技術等を組合せて、溶剤の回収および助燃料を必要としないVOC処理が可能です。

    その結果として、燃焼によるVOC処理に比べ、大幅に二酸化炭素(CO2)の排出量を低減させることが可能です

適用事例

  • 石油精製・化学・有機合成化学等の製造プロセス排ガス
  • 乾燥機や塗工機の排ガス
  • タンクベントガス

ポイント「ここが重要!」

AECでは以下の重要ポイントに対して最適プロセスを提案いたします。

  • 溶剤の種類によっては、吸着熱を発するため、設備上の安全対策が必要となります。
  • 高沸点溶剤が含まれる場合は、脱着が困難なため、プロセス上の工夫が必要です。

VOC処理フロー

溶剤回収装置

ページ上部へ

商品・サービスに関するお問合せ(営業統括部)
お電話・FAXでのお問合せ
  • TEL 044-382-4611
  • FAX 044-382-4623
メールフォームでのお問合せ

お問合せフォーム