プラントエンジニアリング直接燃焼式排ガス処理技術

排ガス中のVOCを酸化分解し、脱臭します。

スチーム回収型

  • 助燃料の燃焼により高温の雰囲気をつくります。
  • 高温雰囲気中に排ガスを投入し、VOC成分を酸化分解します。
  • 廃熱ボイラー、空気予熱器等を組合せて熱回収を行います。

特長

  • 高温雰囲気で酸化分解させるため、ほとんどの種類の排ガスに対応できます。
  • 触媒酸化処理では問題となる被毒物質(触媒毒)が含まれる排ガスも処理可能です。
  • 組成変動、濃度変動、排ガス量の変動にも強い設備です。
  • 熱回収設備と組み合わせることで、エネルギー効率を高めることができます。
  • 塩素やフッ素が含まれる排ガスも処理が可能です。

適用事例

  • 化学工場等の製造プロセス排ガス
  • 乾燥機や塗工機の排ガス

ポイント「ここが重要!」

AECでは以下の重要ポイントに対して最適プロセスを提案いたします。

  • 排ガスを適切に処理するためには、排ガスの分解温度を事前に確認する必要があります。
  • ・燃焼温度  高:エネルギーロス大

    ・燃焼温度  低:分解率低下

  • 排ガスの濃度変化、流量変化は、燃焼炉の温度変動の原因になります。
  • 排ガス成分によっては、腐食性の高いものやばいじんを発生するものがあり、処理設備が必要になります。

ページ上部へ

商品・サービスに関するお問合せ(営業統括部)
お電話・FAXでのお問合せ
  • TEL 044-382-4611
  • FAX 044-382-4623
メールフォームでのお問合せ

お問合せフォーム