• HOME
  •  ニュースリリース 

印刷はこちら

News Letter
2020年11月5日
旭化成不動産レジデンス株式会社

~熊本地震の被災マンション 建替え第1号が無事竣工~
上熊本ハイツ再建マンション竣工祝賀会を開催

旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兒玉芳樹)は、参加組合員として参画した熊本県熊本市の「上熊本ハイツマンション建替事業」について、このたび無事竣工を迎えたことを祝う、建替組合による祝賀会が開催されましたのでお知らせします。

「上熊本ハイツ」は、2016年4月に発生した熊本地震によって団地全体が熊本市の罹災証明で全壊とされたマンションです。一般的に被災マンションでは、区分所有者が復興に向けた再建活動を開始するまでに時間が掛かるとされますが、被災前から管理組合活動を通して住民同士の強いつながりが培われてきたことなどから、全住民が避難を余儀なくされるなかでも管理組合が震災直後の5月に「復興特別委員会」を立ち上げ、被災後の対応について早急な議論を開始することができました。また、建替えアドバイザーや参加組合員など専門家の協力を得て、住民による積極的な建替え推進活動を行ったほか、国や県の協力を得た熊本市の尽力により異例のスピードで早期再建を進めることができました。そのような経緯を経て今回、施行再建マンション「アトラス上熊本」の竣工を迎えたことを受け、建替組合では関係者を招いた祝賀会を開催いたしました。建替組合員とそのご家族60名程が参加。事業推進に尽力した関係各社には組合より感謝状と記念品が贈呈されました。

参加組合員として本事業に参画した旭化成不動産レジデンスでは、これまでも高経年マンションの建替えに尽力して参りましたが、九州で初のマンション建替事業となる本事業の経験を活かし、今後も復興のモデルケースとなるような防災・備災に優れた計画を住民の皆さまと共に推進して参ります。

<10月25日:竣工祝賀会の様子>


  • ◇代表挨拶
       上熊本ハイツマンション建替組合 理事長 福田司明 様
  • ◇来賓祝辞
       熊本市長 大西一史 様(代理:副市長 多野春光 様)
       住宅金融支援機構 熊本センター長 伊地知正之 様
       旭化成不動産レジデンス 代表取締役社長 兒玉芳樹(代理:福岡事務所長 島寛治)
       第12町内自治会長 那須保 様


以上

<本件に関するお問い合わせ先>
〒101‐8101 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
旭化成ホームズ株式会社 広報室
(電話)03-6899-3010 (FAX)03-6899-3400 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

<ご参考>


【完成後のアトラス上熊本 外観】


TOPへ戻る